新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】ESCキーの使い方

【エクセル】ESCキーの使い方 Excel使いこなし(基本編)

エクセルでESCキー使ってますか?

エクセルに限らず、Windowsで動くアプリではESC(エスケープ)キーに機能をもたせているものが多いです。

この記事の内容

  • 入力を取り消す
  • ダイアログを閉じる
  • 状態を解除する
  • バックステージビューを元に戻す
  • マウスの形を元に戻す

だいたいのアプリでは、ESCキーを『処理をキャンセルできるキー』として割り当てています。

今回は、エクセルでのESCキーの使い方を、例をもとに解説します。

ESCキーの使い方その1:『セルへの入力を取り消す』

この『セルへの入力を取り消す』時に使う『ESC』キーは絶対覚えておいた方がいいです。

『それまでに入力していたものを取り消したい』時には使うのが『ESC』キーです。

『ESC』キーを覚えると、『BS』キー(バックスペースキー)や『DEL』キーでちまちま消さなくてすみます。

セルへの入力モードは『入力モード』『編集モード』の2つありますが、どちらの場合でもそれまでに入力していた文字は取り消されます。(削除)

『入力モード』と『編集モード』の違いがわからない方は、次の記事で違いを詳細に書いているので、ぜひ参考にしてください。

『入力モード』で、『ESC』キーを使って入力を取り消す

『入力モード』の時に、『ESC』キーを使って入力を取り消した場合の例です。入力モードでのESCキーによる入力取り消し

『編集モード』で、『ESC』キーを使って入力を取り消す

『編集モード』の時に、『ESC』キーを使って入力を取り消した場合の例です。

編集モードでのESCキーによる入力取り消し

ESCキーの使い方その2:『ダイアログを閉じる』

ESCキーで『キャンセル』する場合の使い方として、『ダイアログを閉じる』というのがあります。

開いたダイアログはESCキーを押すだけで、閉じることができます。

ダイアログには『キャンセル』ボタンや右上の『×』ボタンがあるので、あまりESCキーが便利だと思わないかもしれません。

ダイアログは「キャンセル」ボタンなどで閉じることができる

でも、左手をちょっと伸ばしてESCキーを『パシッ!』と押すだけで閉じてくれるので、使い勝手はかなりいいです。

マウスで閉じるより断然早く閉じることができます。

慣れると絶対にESCキーの方が便利だと実感できるはずです。

ESCキーの使い方その3:『状態を解除する』

エクセルでセルなどをコピーした時に、セルが点滅した線で囲まれる状態になったりしますが、これは、『今この範囲がコピー対象ですよ』ということを示しています。

この点滅状態でESCキーを押すと、コピーの選択状態が解除されコピーもキャンセルされたことになります。

 

操作については、次の動画で確認してください。

ExcelのESCキーで選択状態を解除する

『コピーを解除する時にはESCキーを押す』と覚えてもらえればいいと思います。

ESCキーの使い方その4:『バックステージビューを元に戻す』

エクセルの画面には、普段はシートが表示されています。

ESCキーの役割その3:『表示(画面)を元に戻す』

 

この状態で、タブの『ファイル』をクリックすると、表示(画面)が切り替わります。

↓この画面は『バックステージビュー』といって、印刷やオプション設定の変更などができる特別な画面です。
ESCキーの役割その3:『表示(画面)を元に戻す』
もう一度、シートの画面に戻りたい場合は、リボンのタブをクリックすると思いますが、実はESCキーでも画面が戻るんです。

もちろん、マウスでもワンクリックで元の画面に戻ります。

でも、いちいちマウスを持ってクリックするより、キーボードに置いた手を使えばすぐにESCキーが押せるので、使い勝手はESCキーの方が断然いいです。

ESCキーの使い方その5:『マウスの形を元に戻す』

エクセルは操作によって、マウスの形がいろいろ変わります。

例えば、書式のコピーと貼り付けすることができるボタン。

書式のコピー&貼り付けボタン

 

この『書式のコピー/貼り付け』ボタンを押した時に、マウスは次のようにホウキの形に変わります。

書式が貼り付けられることを示すマウスの形

間違ってこのボタンを押した時や、元のマウスの形に戻したい時にも、ESCキーで解除することができます。

ESCキーの使い方まとめ

まとめ

  • 入力を取り消す
  • ダイアログを閉じる
  • 状態を解除する
  • バックステージビューを元に戻す
  • マウスの形を元に戻す

ESCキーによる解除・キャンセルは、エクセルに限らずWordやPowerPointなどのOffice製品、Windows上で動作するあらゆるアプリでも共通の機能になると思います。

なので、使っているアプリで開いたダイアログを閉じたい場合にESCキーが効くか試してみてください。

ESCキーの便利さがわかると、頭で考えるより勝手に手が動くようになりますよ!