新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルで大文字と小文字の変換をしたい!

エクセルの文字を全て大文字にしたり小文字に変換する方法(関数利用) Excel使いこなし(ステップアップ編)

エクセルで一旦入力した英文字を、『全て大文字に統一したい』とか、『全て小文字に統一したい』という場合が、たまにあります。

一人で作っている場合は、自然と大文字か小文字に統一されるのでこんなことしなくて済むはずですが、共同で作った資料だとどうしても大文字、小文字が統一されていないものになることが多いです。

見栄えとかを考えると、大文字か小文字に統一した方が資料としての信頼性もあがるので絶対にやった方がいいです。

そこで、今回はこういう時に便利な『英文字を大文字や小文字に変換できる方法』を紹介したいと思います。

また、英単語などは先頭だけ大文字にするのが一般的なこともあるため、『単語の先頭文字だけを大文字にする方法』もあわせて紹介します。

文字を全て大文字に変換(UPPER関数)

まずは、入力している小文字を全て大文字に変換する方法。

ちなみに、大文字/小文字が混在していても、もちろん全て大文字に変換されます。

下のエクセルのように、小文字で入力されている『microsoft excel』を大文字に変換してD4のセルに表示させたいと思います。

UPPER関数で英文字を全て大文字に変換

 

大文字で表示させるセル(D4)をクリックし、以下のように大文字変換関数のUPPER関数を入力。

=UPPER(B4)

UPPER関数で英文字を全て大文字に変換

これで小文字だった英文字が、全て大文字に変換されます。

文字を全て小文字に変換(LOWER関数)

続いては、入力している英文字を全て小文字に変換する方法。

こちらも、小文字が混在していても、全て小文字に変換されます。

下のエクセルのように、大文字で入力されている『MICROSOFT EXCEL』を小文字に変換してD4のセルに表示させてみます。

LOWER関数で英文字を全て大文字に変換

 

小文字で表示させるセル(D4)をクリックし、以下のように小文字変換関数のLOWER関数を入力。

=LOWER(B4)

LOWER関数で英文字を全て大文字に変換

これで、英文字が全て小文字に変換されます。

先頭の文字だけ大文字に変換(PROPER関数)

続いては、『英単語の先頭の文字だけを大文字にする』方法。

英単語は先頭の文字を大文字にすることが多いので、もし、英単語の先頭文字を大文字にするルールがあれば、それにあわせて変更しておく方がいいでしょう。

この例では、全て小文字になっている『microsoft excel』の『microsoft』と『excel』の先頭だけを大文字にしてみます。

PROPER関数で英単語の先頭だけ大文字に変換する

 

先頭だけを大文字で表示させるセル(D4)をクリックし、以下のように先頭大文字変換関数のPROPER関数を入力。

=PROPER(B4)

PROPER関数で英単語の先頭だけ大文字に変換する

すると、『microsoft』の先頭文字が大文字になって『Microsoft』に、『excel』が『Excel』に変換されます。

エクセルで大文字と小文字の変換する方法のまとめ

まとめイトル

  • 文字をすべて大文字に変換する場合は、『UPPER関数』
  • 文字をすべて小文字に変換する場合は、『LOWER関数』
  • 単語の先頭文字だけを大文字に変換する場合は、『PROPER関数』

エクセルの資料は過去から受け継がれたものだったりすると、いろんな人によって作られた資料となるので、どうしても『統一性のない』ものになりがちです。

 

こっちのシートでは英文字は大文字だけど、別のシートでは小文字になっていたり、なんてことになると、『この資料雑だな』と残念な評価をされることもあります。

ブック全体の文字(英文字)をビシッと揃えるだけでも、資料としての出来栄えが違ってくるので、今回紹介した変換関数をぜひ有効利用してください。

せめて、『目につくところだけ』でも最低限の修正はしておきたいところです。