エクセルのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)

スポンサーリンク

セルに文字を入力しすぎてセルの幅を超えた時に、セルの幅、高さを揃えたい(広げたい)ということがありますよね。

 

そんな時には、幅、高さを揃えてくれる『自動調整』を使ってみましょう。

これをやると、セルの中で一番幅(高さ)がある文字に自動で調整してくれます。

 

今回は、自動調整の使い方とショートカットについて説明します。

この操作も、エクセルの作業効率がアップするかなり使える時短ワザなので、ぜひ覚えてください。

エクセルのセルの幅、高さを一発で揃える(自動調整)するショートカット

セルの幅、高さを揃える3つのショートカット

  • マウスを使ったダブルクリック
  • アクセスキーを使う(『ALT』→『H』→『O』→『I』又は『A』)
  • リボンを使う

まず最初に紹介するショートカットは、一番簡単なマウスのダブルクリック。

 

『幅、高さを変えたいセルの境界でダブルクリック』するだけで、一発で幅、高さを揃えることができます。

 

動画の方がわかりやすいので、次の動画で確認してください。

エクセルのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)ショートカット編

隣のセルとの境界にマウスを置くと、下の画像のような形に変わります。

エクセルで文字が列幅、行高さを超えた場合に、一発で列幅、行高さを揃える方法

この状態でダブルクリックするだけなので、とても簡単。

アクセスキーを使って、キーボードだけでセルの幅、高さを揃える

説明が後になりましたが、実は、セルの幅、高さを一発で揃えるショートカットキーというのはありません。

ショートカットキーというのは、『CTRL』と何かのキーを押しながらというやつですね。

 

そのかわり、『ALT』キーから順番にキーを押していくことで、ショートカットキーのように操作できる『アクセスキー』というのがあります。

 

セルの自動調整の『アクセスキー』は次の通り。

セルの幅を揃えたい場合は、『ALT』→『H』→『O』→『I』

セルの高さを揃えたい場合は、『ALT』→『H』→『O』→『A』

 

最初に『ALT』キーを押して、次に『H』を押してというように、順番にキーを押していく方法です。(同時押しではないです)

 

実際に手順を説明します。

揃えたい列や行を選択し、まずは『ALT』キーを押す。

すると、下の画像のようにリボンに数字やアルファベットが沢山表示されます。

これは、次に何のキーが押せるのかを示しています。

次は『H』キー(ホームタブ)を押します。

アクセスキーを使って、セルの幅、高さを揃える

 

『H』を押したら、次は『O』(書式)。

アクセスキーを使って、セルの幅、高さを揃える

 

最後に、行の高さを揃えたい場合は『A』を、列の幅を揃えたい場合は『I』を押すことで、セルを揃える(自動調整)ことができます。

アクセスキーを使って、セルの幅、高さを揃える

 

アクセスキーは順番に複数のキーを押すことになるので、ショートカットキーと違って覚えるのが大変ですが、僕はセルの幅を揃えるアクセスキーをよく使っています。

最初の頃は覚えられなかったので、『ALT』を『A』として、『AHO(アホ)I』とつぶやきながら覚えました^^

覚えるまでが大変ですが、一旦覚えてしまうと押すキーが多い割には案外パッパッと操作できてしまいます。

ショートカットキーがなくても、アクセスキーで代替えできるので、アクセスキーの操作もぜひ覚えてください。

リボンからエクセルのセルの幅、高さを自動調整する方法

最後に、リボンを使った自動調整の方法を紹介します。

ただし、リボンの方は最低3回クリックしないといけないので使い勝手は悪いです。

なので、マウスダブルクリックさえ覚えてもらえばいいかと^^

 

参考までに、以降ではリボンによる手順を解説します。

リボンからセルの幅(高さ)を揃える自動調整する方法

  • ①揃えたい列(行)を選択
  • ②リボンのタブから「ホーム」を選択
  • ③「書式」を選択
  • ④列の幅の自動調整(または行の高さの自動調整)を選択

エクセルのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)リボン編

 

こちらも次の動画を参考にしてください。

エクセルのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)リボン編

動画では列の幅を広げる方法ですが、もちろん行も同じようにできます。(行の場合は「行の高さの自動調整」)

 

自動調整の方法については以上です。

『自動調整』という名前だけど、自動調整した後もセルの幅、高さは自分で調整する必要がある

ところで、一度自動調整をすると、セルの幅(高さ)を超えるような入力をするたびに、自動でセルの幅が揃えられると思う人がいるかもしれません。

実は僕はそう思ってました^^

 

自動調整をしたとしても、その後の入力でセルが自動で調整されるわけではないので誤解しないようにしてください。

結局、文字がセルの幅(高さ)を超えるたびに自分で広げる(揃える)必要があるということです。

なんか微妙に『自動』って言葉が紛らわしいですね。

応用編)これは便利!複数のセル(列、行)を一括で揃える方法

自動調整の応用として、複数のセルを一括で揃える方法もついでに紹介します。

この方法も使う場面が多いので、ものすごく便利ですよ。

ぜひ覚えてください。

 

方法は、こちらの動画を参考にしてください。

エクセルのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(複数選択)ショートカット編

この操作の便利なところは、連続している列(行)であろうが、飛び飛びの列(行)であろうが、選択されているセル全てを、一括で自動調整してくれるところです。

 

ちなみに、連続している場合は、Shiftキーを押しながらマウスで選択します。

連続ではなく、動画のように飛び飛びになっている場合は、Ctrlキーを押しながら選択していきます。

選択したセルの幅(高さ)を一括で好きな幅(高さ)に揃える方法

次は、自動調整ではないですが、これも覚えた方が絶対にいいショートカットです。

選択したセルの幅(高さ)を一括で自由に変更できる方法。

これも動画の方がわかりやすいので、次の動画を参考にしてください。

選択したセルの幅(高さ)を一括で好きな幅(高さ)に揃える方法

動画ではマウスのドラッグだけで幅を広げていますが、ドラッグを使わず右クリックから幅(高さ)を直接入力することもできます。

なので、方眼紙のようなエクセルはこの方法で綺麗に作ることが可能。

自動調整でセルの幅が揃えられない場合はセルの結合が原因

マウスのダブルクリックだけで自動調整できるのは非常に便利なんですが、実はダブルクリックで自動調整されないことがあります。

 

それは、『結合されているセル』に対してダブルクリックした場合。

これはどうしようもなく、エクセルの仕様になっています。

 

次のような、D列~F列が結合されているセル、5行目~7行目が結合されているセルがあったとして、それぞれの列、行でダブルクリックしても幅や高さは何も変わらないです。

結合されているセル

こういう場合は、ダブルクリックではなくマウスのドラッグで自分で幅を広げるか、列(行)選択後の右クリックメニューから幅、高さの値を直接入力しかありません。

 

なので、ダブルクリックで自動調整ができない時はセルが結合されていないか確認してみましょう。

エクセルのセルの幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)のまとめ

ここまで、セルの幅、高さを簡単に揃える(自動調整)方法を紹介しました。

 

この操作もエクセルを使いこなせるうえでは、『基本的な操作の部類』になるので、必ず習得することをおすすめします。

 

また、『選択したセルを一括で好きな幅で揃える方法』もかなり役に立つと思いますよ^^

 

簡単にできる操作はどんどん覚えて、エクセルのスキルアップ、作業効率アップを目指していきましょう!

コメント