Excelのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)

Excelのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)

セルに文字を入力しすぎてセルの幅を超えた時に、セルの幅、高さを揃えたい(広げたい)ということがありますよね。

そんな時には、幅、高さを揃えてくれる『自動調整』を使ってみましょう。

今回は、自動調整の使い方とショートカットについて説明します。

この操作もExcelの作業効率をアップするので、習得することをおすすめします。

Excelのセルの幅、高さを揃える(統一する)のは「自動調整」の機能

さっそく、セルの幅、高さを揃える『自動調整』の操作を説明します。

セルの幅(高さ)を揃える自動調整の手順

  • ①揃えたい列(行)を選択
  • ②リボンのタブから「ホーム」を選択
  • ③「セル」の「書式」を選択
  • ④列の幅の自動調整(または行の高さの自動調整)を選択

Excelのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)リボン編

 

図だけだとわかりづらいので、次の動画を参考にしてください。

Excelのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)リボン編

動画では列の幅を広げる方法ですが、もちろん行も同じようにできます。(最後の選択は「行の高さの自動調整」)

 

自動調整の方法は以上です。

ところで、自動調整という言葉から、セルの幅(高さ)を超えるような入力をするたびに、自動でセルの幅が広がるように思う人もいるかもしれません。

僕もそう思ってました。

実は、自動ってそういう意味ではなくて、どうも『揃える』という意味のようです^^

だから、自動調整をした後のセルは、入力に応じて勝手にセルの幅が広がるわけではないので誤解なきよう。

結局、文字がセルの幅を超えるたびに自分で広げる(揃える)必要があるということ。

こちらの方がおすすめ!Excelのセルの幅、高さを一発で揃えるショートカット

さきほど、自動調整の操作について説明しましたが、実はもっと簡単にできるショートカットが用意されています。

だったら、そっちを先に紹介しろって?

一応、リボンから行う正式な操作をまず説明すべきかなと^^

 

で、その簡単なショートカットいうのは、キー操作ではなくマウス操作です。

『幅、高さを変えたいセルの境界でダブルクリック』するだけで、一発で幅、高さを揃えることができます。

↓こちらも動画の方がわかりやすいので、動画を確認してください。

Excelのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)ショートカット編

隣のセルの境界にマウスを置くと形が『十字』のような形に変わります。

その状態でダブルクリックするだけです。

簡単でしょ?

応用編)これは便利!複数のセル(列、行)をまとめて一括で揃える方法

ショートカットも含めて、幅、高さを揃える操作を紹介しました。

応用として複数のセルを一括で揃える方法もついでに紹介します。

この方法も覚えておくと、作業効率のアップに繋がります。(僕も結構使います)

↓こちらの動画を参考にしてください。

Excelのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(複数選択)ショートカット編

複数選択の場合、連続している場合は、Shiftキーを押しながらマウスで選択します。

連続ではなく、この動画のようにB列とD列で飛び飛びになっている列を選択する場合は、Ctrlキーを使います。

豆知識)列、列に設定できる最大値(列の幅、行の高さ)

最後に、豆知識として、セルの幅と高さってどこまで広げられるのか疑問に思ったの調べてみました。

調べた結果は次の通り。

セルの幅(列)の最大値

列の最大幅

セルの高さ(行)の最大値

行の最大高さ

まぁ、こんな最大の値を指定しても、画面に収まらない大きさになりますけどね^^

Excelのセルの幅、高さを簡単に揃える方法のまとめ

この記事では、セルの幅、高さを簡単に揃える方法を紹介しました。

この操作もExcelを使いこなせるうえでは、『基本的な操作』になるので、ぜひ習得してくださいね^^

簡単にできる操作はどんどん覚えて、Excelのスキルアップ、作業効率アップを目指していきましょう!

コメント