エクセルで21以上、51以上の丸数字(丸付き数字)を入力する方法

スポンサーリンク

よくある質問の中で、○付きの数字の入力方法を教えてくださいというものが多いです。

それも、21以上や51以上の数字を○で囲みたいというもの。

以前、文字を丸(○)で囲む方法を次の記事で紹介しました。

この記事と内容が一部ダブってしまいますが、今回は21以上の丸付き数字、501以上の丸付き数字が入力できる方法を紹介します。

エクセルで21以上の丸数字(丸付き数字)を入力する方法

入力方法

  • 丸付き文字を入力したいセルを選択
  • リボンのタブ『挿入」→『記号と特殊文字』
  • 21~50までの丸付き数字を選んで、『挿入』

まずは、21以上の丸数字。

 

以外と知らない人が多いですが、実は21以上50以下までの丸付き数字は簡単に入力することができます。

入力方法は上の方に書いている通り。

 

リボンのタブ『挿入』→『記号と特殊文字』を選択

 

『記号と特殊文字』のダイアログが表示されるので、あとは入力したい丸付き数字を選択して、『挿入』

このように、50までの丸付き数字であれば、エクセルでも簡単に入力することができます。

51以上の丸付き数字を入力する方法

ここからは、ちょっと手間がかかる方法ですが、51~99まではこの方法で入力することができます。

ただし、さきほどのような簡単な入力ではなく、『Wordの囲い文字』という機能を利用します。

といっても、Wordを起動する必要はなく、ExcelからWordの囲い文字の機能を呼び出すような手順になります。

 

リボンのタブ『挿入』→『オブジェクトの挿入』

 

Word文書を選択

 

そうすると、リボンがWordに変わり、Wordのオブジェクトが太い枠線付きで挿入されます。

 

『51』と入力したらドラッグで反転させて、リボンのタブ『ホーム』→『囲い文字』を選択

※見やすくするために、フォントを大きくしています

 

囲む種類が2つほどありますが、好みの方を選んでください。

 

『外枠のサイズを合わせる』場合の囲い文字

 

右側が『文字のサイズを合わせる』の場合。

『文字のサイズを合わせる』の方が大きくなるようです。

 

オブジェクトではなくてエクセルのシート上でクリックすると、↓のように図形の枠線と同じ枠線が表示されます。

このままだと、横に広すぎるので枠(赤枠部分)をマウスでつまんで大きさを調整します。

 

枠線を見せたくない場合は、オブジェクトを選択したままで、リボンのタブ『書式』→『図形の枠線』を選択

 

『線なし』を選択

 

これで丸付き数字が1つできたので、他にも丸付き数字が必要な場合は、できあがったオブジェクト(図形)をコピーして、数字を修正してください。

 

数字を修正する場合は、オブジェクトの中でクリックして枠を出し、その状態でダブルクリックすれば、最初の囲い文字にした状態に戻ります。

あとは、自由に修正できます。

 

ちょっと手順が長いので、動画も用意しました。参考にしてください。

エクセルで21以上、51以上の丸付き数字を入力する方法のまとめ

今回紹介したように、50までは丸付き数字が簡単に入力することができました。

 

『囲い文字』を使う方法も慣れればそんなに時間はかからないと思います。

ただし、99までは二桁なのでなんとか囲い文字でもできますが、三桁は別な方法を考えた方がいいでしょう。

 

普通は20までの丸数字でたいがいのことは事足りますが、どうしてもそれ以上の丸付き数字を入力したい場合、今回紹介した方法を参考にしてください。