新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルで文字を丸で囲む2つの方法(印刷時は注意)

エクセルで文字を丸(○)で囲む3つの方法(印刷時の注意点もあり)編集
スポンサーリンク

ExcelやWordなんかで文章を書いていると、文字に丸(○)で囲みたい場合がありますよね。

でも、どうやったら文字を丸で囲めるのか。

Excelを多少使い慣れてきた人が、特にこういうことで悩むようです。

今回は、文字を丸で囲む3つの方法と、印刷で囲んだ丸がずれる問題の対処方法もあわせて紹介します。

スポンサーリンク

エクセルで文字を丸で囲む方法1)図形で文字を丸く囲む

最初の方法は文字を図形(オートシェイプ)の○で囲む方法。

この方法のメリットはどんな文字でも○で囲むことができること。

ただし、デメリットは印刷した時に、文字と○がずれる場合があること

ずれた時の対処方法は、後述の『印刷のズレを対処する方法』を参考にしてください。

文字を図形(オートシェイプ)の○で囲む方法

図形を使った手順は、動画での解説の方がわかりやすいので、次の動画を参考にしてください。

もし、印刷する必要がある場合は、○で囲んだエクセルの印刷プレビューを使って、○がずれていないか確認をしてください。(印刷しないのであれば、プレビューの確認は必要ありません)

Excelで文字を図形の丸で囲む方法

囲んだ丸の印刷のズレを対処する方法

印刷プレビューで確認した時に、図形の○と文字がずれていた場合に、以下の方法でズレを解消することが可能です。

印刷ズレを解消する手順

  • ○の図形を選択し、マウス右クリック
  • サイズとプロパティを選択
  • プロパティを選択

上記手順で進むと、以下の画面になります。

Excelの図形が印刷でずれる場合の対象方法

マイクロソフトの公式ページでは、ずれた場合には一番上の『セルに合わせて移動やサイズ変更をする』を選択するように書かれています。

しかし、この選択ではズレは解消されなくて、一番下の『セルに合わせて移動やサイズ変更をしない』を選択すると解消される人もいるようです。

ズレが解消されない場合は、もう片方も選択して解消されるか確認してください。

エクセルで文字を丸で囲む方法2)Wordの囲い文字を使う

2番目の方法は、Wordの『囲い文字』を使う方法。

実はWordには『囲い文字』という機能があり、好きな文字を○以外に□、△、◇で囲むことができます。

この囲い文字をWordでコピーして、Excelに図として貼り付けるのがポイントです。

この方法も、印刷時にズレる可能性があるので、印刷が必要な場合は印刷プレビューで必ずずれを確認してください。

こちらも動画をどうぞ。

ExcelにWordの囲い文字で丸で囲まれた文字を貼り付ける

この方法の注意点は次の通り。

・1文字なのに、エクセルには幅が広い図が貼り付けられる(動画参照)
・貼り付けられた図の枠、塗りつぶしが透明でない場合があるので、透明に調整する必要あり。

ちょっと注意点はありますが、Wordの囲い文字はどんな文字でも○、△、□、◇で囲めるのが最大のメリット。

エクセルで文字を丸(○)で囲む方法のまとめ

ここまで、文字を丸で囲む方法を2つ紹介しました。

2番目の方法はWordの機能を使う方法のため、特に理由が無い限り、より簡単にできる1番目の方法をおすすめします。

ただし、図形なので、行やセルの削除/挿入で図形がずれることがあるので、その点は注意してください。