エクセル(Office)でサインインをしたくない!

エクセル(Office)でサインインをしたくない!

エクセル(ワードやパワーポイントなどのOffice製品)を使っていると、以下のような2種類のメッセージ(警告)が出る場合があります。

『サインイン()してください キャッシュされた資格情報の有効期限が切れているため、変更内容をアップロードまたはダウンロードできません。』

エクセル(Office)でサインインをしたくない!

『サインインする必要があります。キャッシュされた資格情報の期限が切れているため、変更内容を保存または確認できません。もう一度サインインしてください。』

エクセル(Office)でサインインをしたくない!

通常は、素直にマイクロソフトのサイトにサインインをすれば、これらのメッセージを消ことができます。

でも、『アカウントを忘れた』などの理由で、『サインインしたくない』もあるでしょう。

この記事では、エクセル(Office製品)を開くたびに表示される上記メッセージを消す方法を紹介します。

サインインはしたくないけど、『サインインしてください/サインインする必要があります』のメッセージを消したい場合は、参考にしてください。

今回紹介する方法は、エクセル2019(Office2019)、エクセル2016(Office2016)、エクセル2021(Office2021)さらに、ワードやパワーポイントでも同じように使えます。

目次

『サインインしてください/サインインする必要があります』のメッセージを消す

では、『サインインしてください/サインインする必要があります』のメッセージを消す方法です。

Windows画面の右下タスクバーにある『OneDrive』のアイコン(白い雲の形)を右クリック。

OneDriveの同期設定を解除する

下のようなメニューが出るので、『設定』をクリックします。

OneDriveの同期設定を解除する

次に表示された画面で、『Office』タブを押し、『Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する』のチェックを外します。

OneDriveの同期設定を解除する

これで、メッセージが消えるはずです。

マイクロソフトのサイトにサインインしないと問題があるのか?

結論から書くと、マイクロソフトのサイトにサインインしなくても、エクセル(Office製品)は問題なく使えます。

ただし、サインインするメリットもあるんですよね。

サインインすると、ネット上のOneDriveにエクセルファイルを保存できるので、別なPCからもエクセルファイルにアクセス(共有)することができます。

なので、自宅(自社)で作ったエクセルファイルを、出張先/外出先でノートPCを使ってそのエクセルファイルを参照/編集ができるメリットがあります。

また、OneDriveは使っているPCが万が一壊れた時のバックアップフォルダとしても使えます。

サインインしたくない理由が特にない場合は、サインインすることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次