エクセルで取り消し線を引く/消すことができるショートカットキー

エクセルで取り消し線を一発で引く(表示)ショートカットキー Excel使いこなし(基本編)

エクセルで文字や数値などを入力した時に、削除じゃなくて『訂正』したい時があると思います。

こんな時には『取り消し線』を引いて、明示的に訂正されたことを強調するわけですが、『取り消し線』を『セルの書式設定』から操作すると手順が多くて結構面倒くさいんですよね。

ということで、『取り消し線』を一発で引いたり、消したりできるショートカットキーを紹介します。

取り消し線を一発で引く(表示)/消す(解除)ことができるショートカットキー

ショートカットキー

  • 『CTRL』+『5』 → 取り消し線を引く/取り消し線を消す

『取り消し線』を引けるショートカットキーは『CTR』+『5』です。

また、引いた『取り消し線』を消す(解除)するのも、同じ『CTRL』+『5』を使います。

ただし、テンキーの5は使えないので、キーボードの『T』の上にある5を押してください。

 

文字や数字が入力されているセルを選択して、このショートカットキーを使うわけですが、複数のセルを選択して、一括で『取り消し線』を引くことも可能です。

また、空白(スペース)しか入力されていないセルでも、このショートカットキーで取り消し線を引くことはできます。

エクセルの取り消し線の注意点

取り消し線の注意事項

  • 取り消し線だけ色をつけることはできない(文字と同じ色にしかならない)
  • Wordのような『二重取り消し線』はエクセルにはない
  • 複数のセルをまたいで『取り消し線』を引いても、一本のまたいだ取り消し線にはならない

注意点というより、現在のエクセルの仕様になります。

 

この中でも、『取り消し線だけに色をつけたい』という利用者の要望が、エクセルの前のバージョンからあるようですが、未だに対応されていません^^

なので、取り消し線を赤くしたり、太くしたりということはできません。

多分、マイクロソフトはこれからも対応する気はないんだと思います。

 

どうしても、『取り消し線だけに色をつけたい』をつけたい場合は、図形(オートシェイプ)の赤い線を作って、文字の上に重ねる方法しかありません。

 

ちなみに、Wordでは複雑な手順ですが、取り消し線に色をつけることはできます。

また、二重取り消し線もWordで引くことは可能なので、取り消し線に色をつけたいとか二重取り消し線を使いたい場合は、Wordを使うしかありません。

下の画像は、Wordの取り消し線です。

Wordの取り消し線、二重取り消し線

エクセルで取り消し線を引く/消すことができるショートカットキーのまとめ

まとめ

  • 『CTRL』+『5』 → 取り消し線を引く/取り消し線を消す ※テンキーの『5』は不可
  • 取り消し線に色をつけたり、二重取り消し線を引くことはできない

普通にマウスを使って『取り消し線』を引く時は、手順が多くて結構面倒くさいです。

 

なので、『取り消し線』をよく使う人は、今回紹介したショートカットキー『CTRL』+『5』はぜひ覚えてください。

 

使う場合はテンキーの5は使えないので注意しましょう。