新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】取り消し線のショートカットキー

エクセルで取り消し線を引く!消す!ショートカット
スポンサーリンク

エクセルですでに入力した文字や数値などを『訂正』する時に使うのが、『取り消し線』です。

この『取り消し線』はかなり使うので、サッと引けるショートカットキーを使うと作業効率もグッとアップするので、この機会にぜひ覚えましょう!

この記事では、『取り消し線』を一発で『引く/消す』ができるショートカットキーを紹介します。

また、訂正したいことをさらに強調できる『二重取り消し線』の作り方もあわせて紹介。

この記事の内容

  • 取り消し線(訂正線/打ち消し線)を引く/消すショートカットキー
  • エクセルで赤の二重取り消し線を図形で作る

『取り消し線』を使う場面は意外と多いので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

取り消し線(訂正線/打ち消し線)を引く/消すショートカットキー

まずは、一発で取り消し線を引いたり、消したりできるショートカットキーを紹介します。

ショートカットキー

  • 『CTRL』+『5』 → 取り消し線を引く/消す

『取り消し線』を引くショートカットキーは『CTR』+『5』です。

また、引いた『取り消し線』を消すのも、同じ『CTRL』+『5』を使います。

ただし、テンキーの5は使えないので、キーボードの『T』の上にある『5』を押してください。

 

単独のセルだけではなく、複数のセルを選択して一括で『取り消し線』を引くことも可能です。

また、空白(スペース)しか入力されていないセルでも、このショートカットキーで取り消し線を引くことはできます。

エクセルで赤の二重取り消し線を図形で作る

エクセルの書式設定だけでは二重取り消し線を引くことはできないですが、図形を使って二重取り消し線を作ることは可能です。

これから、赤の二重取り消し線を作る方法を紹介します。

まず、図形(直線)の挿入。

リボンのタブ『挿入』を選択し(①)、『図形』をクリック(②)→『直線』をクリック。

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

 

この時に、マウスが十字になるので『SHIFT』キーを押しながら水平方向にドラッグすればきれいな水平直線が作成できます。

次に、直線の色を赤に変更します。

直線を選択し(①)、リボンのタブ『書式』をクリックし(②)、『図形の枠線』をクリック(③)→最後に『赤』を選択。

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

 

これで、直線の色が赤に変わります。

次に、作成した直線から2つ目の直線をコピーします。

直線を『CTRL』+『SHIFT』キーを押しながらドラッグして、下の方(垂直方向)にちょっとだけずらして、ドロップします。

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

これで、二重取り消し線が完成します。

 

このままでもいいんですが、2つの直線をグループ化すると、コピーや移動が簡単になるのでグループ化してみます。

リボンのタブ『ホーム』を選択し(①)、『検索と置換』をクリック(②)→『オブジェクトの選択』をクリック(③)

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

この時に、マウスが『矢印』に変わります。

この状態で、作成した二重線を囲むようにドラッグします。

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

 

これで二重線が選択された状態になるので(①)、マウスで右クリックし表示されるメニューから『グループ化』(②)→『グループ化』と選択していきます。

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

 

あとは、取り消したい文字の上にグループ化された直線を選択して移動なりコピーなりで上に重ねれば二重取り消し線の完成です。

エクセルの図形で二重取り消し線を作る

取り消し線を引く/消すショートカットキーのまとめ

まとめ

  • 取り消し線を引く/消すショートカットキーは『CTRL』+『5』
    ※テンキーの『5』は不可
  • 書式設定では、取り消し線に色をつけたり、二重取り消し線を引くことはできないが、図形で代用できる。

『取り消し線』をよく使う人は、今回紹介したショートカットキー『CTRL』+『5』をぜひ覚えてください。

さらに、クイックアクセスツールバーに『取り消し線』のボタン(コマンド)を追加すると、より時短に繋がります。

キーボードのショートカットキーを使う場合は、テンキーの5は使えないので注意しましょう。