エクセルでふりがなを表示させる2つの方法(フォント設定、関数利用)

エクセルでふりがなを表示させる2つの方法(フォント設定、関数利用) Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルは表計算ソフトですが、表の中に氏名を入力する場合があります。

読めない氏名とかもあるので、できれば氏名に『ふりがな』を振っていきたい。

 

今回は、エクセルで『ふりがな』を表示させる2つの方法を紹介します。

 

1つはフォントの設定から表示させる方法と、ふりがな用の関数を使う方法。

『ふりがな』はエクセルが自動で表示してくれますが、『ふりがな』が間違っている場合もあるので、修正する方法もあわせて紹介します。

氏名(漢字)のすぐ上に『ふりがな』を表示させる方法(フォント設定)

まずは、氏名が入力された同じセルの中に、上の方に小さく『ふりがな』を表示される方法。

フォントの設定から『ふりがなの表示』で表示させます。方法は動画を参考にしてください。

エクセルでフォントの設定から『ふりがな』を表示させる方法

 

同じセル内に小さく『ふりがな』を表示してくれますが、『ふりがな』が追加される分だけ行がどうしても広がってしまいます。

印刷すると収まりきらなくなる可能性もあるため、あらかじめ行の高さを調整してから、『ふりがな』を表示させてください。

別のセルにふりがなだけを表示させる方法(PHONETIC関数)

こちらは、氏名(漢字)から『ふりがな』を取り出す関数を利用する方法。

下の画像にあるように、『ふりがな』を表示させたいセルに『=PHONETIC(セルの位置)』を入力することで表示されます。

別のセルにふりがなだけを表示させる方法(関数)

氏名が入力されているセルを指定するだけなので、関数といってもまったく難しくありません。

『ふりがな』を修正する方法

紹介した2つの方法とも、エクセルが『ふりがな』を自動で入力してくれます。

でも、『ふりがな』が間違っている場合は修正する必要があります。

どちらの方法も、氏名(漢字)のセルを選択し、『フォント』から『ふりがなの編集』で修正すればいいです。

具体的な修正方法は、次の動画を参考にしてください。

エクセルで間違った『ふりがな』を修正する方法

ダブルクリックかF2キーだと、普通にセルを修正するのと変わりはありません。

『ふりがな』を『カタカナ』ではなく『ひらがな』で表示させる

基本的に、『ふりがな』は『全角カタカナ』で表示されます。

『ひらがな』や『半角カタカナ』で表示させたい場合は、セル選択後に、『フォント』から『ふりがなの設定』で変更することができます。

エクセルで『ふりなが』を『ひらがな』、『カタカナ』に変更する方法

 

『ふりがなの設定』を選択すると、下のようなダイアログ(ウィンドウ)が表示されるので、『種類』から『ひらがな』、『全角カタカナ』、『半角カタカナ』を選んでください。

エクセルで『ふりなが』を『ひらがな』、『カタカナ』に変更する方法

『ふりがな』の表示位置(配置)を変更する

さきほどのダイアログを見るとわかるように、『ふりがな』の配置を決めることもできます。

エクセルで『ふりなが』の配置を変更する方法

 

それぞれの配置の表示結果は次の通り。

エクセルで『ふりなが』の配置を変更する方法

 

ぱっと見、『左寄せ』と『指定なし』が逆のような気がするけど、『左寄せ』は、姓、名それぞれに対して左寄せなんで、多分これで正しいんでしょう。

『ふりがな』のフォントを変更する

これも同じく、『ふりがなの設定』ダイアログでフォントを変更できます。

『フォント』タブを選択すると、見たことがあるフォントの設定画面が表示されます。

あとは、お好みのフォントサイズに変更してください。

エクセルはどこまで賢く『ふりがな』を振ってくれるのか

ちょっといじわるな実験をやっています。

 

『羽生結弦』『羽生善治』のように『読みが違う姓』の場合に、エクセルが果たしてどんな『ふりがな』を振ってくれるの確認してみました。

 

なんと『ハニュウユヅル』『ハブヨシハル』と、正確に『ふりがな』を振ってくれたんですね。

かしこい!

 

でも、ちょっと注意すべきことがあるので次に読み進めてください。

『ふりがな』を使う時に覚えておきたい注意すべきこと

『ふりがな』で気をつけるべき点として2つあります。

コピペされた漢字は、PHONETIC関数では『ふりがな』になりません

PHONETIC関数はキーボードから入力した漢字でないと『ふりがな』が振らずに、そのまま漢字が表示されます。

 

例えば、別のセルからコピー&ペーストした漢字に、PHONETIC関数で『ふりがな』を振ろうとしても、そのまま漢字が表示されるだけです。

 

もう一つのリボンの『ふりがなの表示』の方は『ふりがな』が全く表示されませんが、『ふりがなの編集』をすると『ふりがな』が表示されるようになります。

 

ただし、『羽生善治』のような場合は、『ハニュウヨシハル』と残念な『ふりがな』になってしまいます。

 

多分、キーボードから入力した漢字でないと、エクセルは正確な『ふりがな』に変換できないんだと思います。

ふりがなを使いたい場合は、コピペしないでできるだけキーボードから漢字を入力しましょう。

『ふりがな』をコピーしたい場合の注意点

セルに表示された『ふりがな』をコピーしたい場合があるかもしれません。

 

でも、フォント設定の『ふりがな』の場合、セルの中の『ふりがな』を選択してコピーしても、氏名しかコピーされないんですよね。

おそらく、エクセルの仕様でどうしようもないと思います。

 

そういう場合は、PHONETIC関数の『ふりがな』をコピーしてください。

エクセルで『ふりがな』を表示させる2つの方法のまとめ

ここまで、エクセルで『ふりがな』を表示させる方法を紹介しました。

 

先にも書きましたが、フォント設定で『ふりがな』を表示させる場合は行の高さが変わります。

なので、印刷結果が変わらないように、あらかじめ行の高さを調整しておいてください。

 

どちらの方法にしろ、難しい方法じゃないので簡単に『ふりがな』を表示させることができます。

 

また、今回紹介したように、『ふりがな』を表示させる方法は2つあるので、その時に最適な方法で『ふりがな』を表示させてください。

注意点に気をつけながら、『ふりがな』の機能を有効活用しましょう。