エクセルの数字にプラス、マイナスの記号を表示させる

エクセルの数字にプラス、マイナスの記号を表示させる 書式

Excelの計算結果などで数字がマイナスだったら先頭に『ー』(マイナス記号)を、プラスだったら先頭に『+』(プラス記号)を付けたい場合があると思います。

マイナスは元々何もしなくても自動で『ー』が先頭につきますが、プラスの場合は自分でつける工夫が必要です。

今回はエクセルの数字にプラス『+』記号、マイナス『ー』記号をつける方法を紹介します。

あわせて、カンマ区切りを付ける方法や、0『ゼロ』に『+』をつける方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

プラスの数字に『+』記号を、マイナスの数字に『ー』記号を表示させる

下のエクセルのように、前年度との売上との差額を求めた表があるとします。

この差額にプラス『+』記号、マイナス『ー』記号を付けてみます。

プラスの数字に『+』記号を、マイナスの数字に『ー』記号をつける

 

差額のセル全てを選択し(①)、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)で『セルの書式設定』ダイアログを表示させます。

次に『表示形式』タブをクリックし(②)、『ユーザー定義』を選択(③)、最後に種類のところに次の定義を入力します。

+#,##0;-#,##0;0

プラスの数字に『+』記号を、マイナスの数字に『ー』記号をつける

+#,##0;-#,##0;0』について。
①   ②  ③
上記定義を簡単に説明すると、最初のセミコロン『;』までがプラス(正)の定義(①)で、続いて2番めのセミコロン『;』までがマイナス(負)の定義(②)、それ以降(最後)が0(ゼロ)の定義(③)となります。

 

これで、プラス記号『+』、マイナス記号『ー』が付きます。

プラスの数字に『+』記号を、マイナスの数字に『ー』記号をつける

カンマ区切りなしでプラス記号『+』、マイナス記号『ー』を表示させる

さきほどのユーザー定義は、数字にカンマ区切る『,』をつけてプラス記号『+』、マイナス記号『ー』をつける方法ですが、カンマ区切りが必要ない場合は、『ユーザー定義』に次の定義を入力します。

+#;-#;0

または

+0;-0;0

この定義だと、次のようにカンマ区切りは付きません。

プラスの数字に『+』記号を、マイナスの数字に『ー』記号をつける

全角文字のプラス記号『+』、マイナス記号『ー』を表示させる

今までの方法はプラス記号『+』、マイナス記号『ー』とも、半角文字でしたが、全角文字にすることもできます。

ユーザー定義で次の定義を入力します。

"+"#,#;"-"#,#;0

わかりづらいですが、この定義ではプラス記号『+』、マイナス記号『ー』が全角になります。

プラス記号『+』、マイナス記号『ー』を全角にする

0(ゼロ)の場合はプラス記号『+』を表示させる

0の場合は普通はプラスもマイナスもつけませんが、場合によってはプラスをつけたいことがあるかもしれません。

+#,##0;-#,##0;+0

今までは最後が『0』だったのが、プラス記号を前につけるだけです。

0の場合はプラス記号『+』をつける

まとめ

まとめ

  • 数字がプラス(正)の時にプラス記号『+』をつける場合は、『ユーザー定義』で定義する。
  • プラス記号『+』、マイナス記号『ー』は全角文字の指定もできる。
  • 0にプラス記号『+』をつけることもできる。

エクセルは元々マイナス記号は自動でつきますが、プラス記号をつける場合はユーザー定義を利用することになるので、結局マイナス記号の定義も同時に必要となります。

ユーザー定義での定義そのものはそんなに難しくないので、ここで紹介している方法でプラス記号をつけてみてはどうでしょうか。

応用として、カンマ区切りをつけてみたり、0(ゼロ)に対してプラス記号をつけることもできます。

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました