エクセルの式だけでシート毎に日付を自動入力する

エクセルの式だけでシート毎に日付を自動入力する 自動入力

エクセルで作った日報や週報で、シート毎に自動で日付が入力されているとすごく便利に思います。

自動で日付を入力する方法はいくつかありますが、関数を使うと簡単に日付が自動入力されるエクセルができあがります。

このブログでも、CELL関数やSHEET関数といった関数を使った方法を紹介しています。

ただし、関数を使った方法は欠点があります。

他の関数と組み合わせて日付を決定するので、何をやっているのかが理解するのが難しい関数式になっているんですよね。

とはいっても、記事に書いている関数式をそのままコピペすれば問題なく使うことはできます^^

それでも、何をやっているのかよくわからない関数よりシンプルなものがあればその方がいいですよね。

そこで、今回は関数を一切使わず式だけで日付を自動入力する方法を紹介したいと思います。

関数が苦手な人や、できるだけシンプルな自動入力にしたいという人はぜひ参考にしてください。

式だけで日付を自動入力する方法は全シートで修正が必要

最初に、今回紹介する式だけを使った方法の欠点を説明しておきます。

今回の方法では、先頭以外の全シートに式を埋めていきますが、シートに埋め込んだ全ての式(約30シート分)を修正する必要があります。

つまり、完成するまでが面倒くさいということです^^

ただし、一度作ってしまえばずっと永久的に使えるものなので、最初だけ頑張って式を修正すればあとは一切手間がかかることはありません。

どうしても手間がかかることが嫌な人は、冒頭で紹介しているCELL関数やSHEET関数を使った方法をおすすめします。

こちらは全シートに一括で同じ関数式を入力すればOKなので、修正の手間は一切かかりません。

関数を使わず式だけでシート毎に日付を自動入力する

今回紹介する『式だけを使った方法』は、先頭のシートに開始日付を入力し、それ以降のシートにはその開始日付から1日先、2日先の日付が表示されるにします。

イメージはこんな感じです。

関数を使わず式だけでシート毎に日付を自動入力する方法

ここでは例として、先頭のシート名が『1日』で、それ以降は『2日』、『3日』、最後が『30日』にしています。

※31日まである月の場合は『31日』のシートまで用意

ちなみに、シート名には制約はなく自由に決めることができます。

開始日付を先頭のシートに入力

まず、先頭のシート(1日)の日付のセル(C3)に開始日付(例として2019/6/1)を入力します。

先頭のシートは開始日付を入力

全シートに一旦同じ式を入力

次に、先頭シート以外を全て選択して、一旦同じ式を入力します。

どのシートでもいいので右クリックし(①)、表示されるメニューから『すべてのシートを選択』を選択(②)

先頭のシートを選択

 

全シート選択できたので、『CTRL』キーを押しながら先頭の『1日』シートをクリックします。

これで先頭の『1日』シートだけが選択を解除されて、その他のシートは全て選択された状態になります。

先頭のシートだけ選択を解除

 

次に、選択されている全シートに、同じ式を一括で入力します。

日付を表示させるセル(C3)をクリックし、『F2』キーを押して編集状態にします。

そして、以下の式を入力して『Enter』キー。

='1日'!C3+1

先頭のシート以外の全シートに同じ式を一旦入力

これで、全シートに同じ式を入力することができます。

 

今度は、全シートの選択状態を解除します。

適当なシートを右クリックし(①)、表示されるメニューから『作業グループ解除』を選択。

全シートの選択状態を解除

全シートに入力された式を全て修正する

最後に、入力された式をシート毎に次のように修正します。

※赤字が修正が必要な部分です。

『2日』シートの式 → =’1日’!C3+1 ※修正不要
『3日』シートの式 → =’1日’!C3+2
『4日』シートの式 → =’1日’!C3+3
『5日』シートの式 → =’1日’!C3+4
・・・・・・・ 省略 ・・・・・・・
『30日』シートの式 → =’1日’!C3+29
『31日』シートの式 → =’1日’!C3+30 ※31日までシートを用意した場合

全シートの式を修正する

全シートの式を修正する

 

そして、最後のシート(31日までシートを用意した場合は『31日』のシート)

全シートの式を修正する

『’1日’!C3+1』の式を、シートが変わるたびに+2+3と足していく修正です。

数が多くて面倒な修正作業ですが、頑張りましょう^^

全シートの修正が終わると、C3のセルは先頭のシートから2019/6/1、2019/6/2、、、2019/6/30という日付になるはずです。

開始日付から1日分を足しこんで自動で日付を入力

今回使った式『’1日’!C3+N』(Nは数字)を簡単に説明すると、

『’1日’!C3』は『1日』シートのセルC3の位置を示しています。

つまり、『2019/6/1』になります。

『’1日’!C3』に例えば+1を続けて書くと、2019/6/1に1日分を足すという式になります。

この式の結果は『2019/6/2』です。

これを次のシートでは+2、その次のシートでは+3としていくことで、開始日付からシートの分だけ日数が増えるようになるわけです。

単純な足し算なので、わかりやすいですよね^^

日付+曜日の形式で表示させてみる

ここまでで無事、全シートに日付が自動で入力されました。

日付だけじゃなくて、下のエクセルのように曜日まで表示させたい場合は、セルの書式設定を変更すれば簡単に表示させることができます。

日付に曜日まで表示させる書式変更の方法

しかも、全シートを選択した状態で一発で書式変更できるので、ここでその手順を紹介したいと思います。

 

最初に、全シートを選択します。

どのシートでもいいので右クリックし(①)、表示されるメニューから『すべてのシートを選択』を選択(②)

先頭のシートを選択

 

次に、日付のセル(C3)を選択。

日付に曜日まで表示させる書式変更の方法

これで、全シートが日付のセル(C3)を選択された状態になります。

 

続いて、『セルの書式設定』ダイアログを表示させるショートカットキー『CTRL』+『1』(テンキーは不可)を押します。

セルの書式設定ダイアログを表示するショートカットキー

※マウスを使って、右クリックのメニューから『セルの書式設定』を選択してもOK。

 

『表示形式』タブ(①)→『ユーザー定義』(②)→『種類』に以下の定義を追加。

yyyy"年"m"月"d"日("aaa")"

日付に曜日まで表示させる書式変更の方法

 

書式を変更すると、下のエクセルのようにセルに『####』が表示されることがあります。

これは曜日を追加したことで、曜日込みの日付がセルに入り切らなくなったことを示しているので、日付のセル幅を広げてあげます。

C列とD列の間にマウスを置いて、下の画像ような形になったらダブルクリック!

日付に曜日まで表示させる書式変更の方法

 

これで、曜日付きの日付が全シートに入力されます。

日付に曜日まで表示させる書式変更の方法

日付の形式を変更したい場合は、ユーザー定義で指定できる

日付には西暦や和暦などがあり、和暦だと『令和元年6月30日』のように元年で表示させる形式もあります。

次の記事では、いろんな種類の日付形式を紹介しているので、日付の形式を変更したい場合はぜひ参考にしてください。

式の修正が面倒な場合はCELL関数、SHEET関数を使った方法を使う

ここまで書いたように、今回紹介する方法は『式の修正が面倒な方法』です。

式の修正が必要なく、簡単に日付の自動入力ができるエクセルを作りたい場合は、CELL関数かSHEET関数を使った方法を使ってください。

エクセル2010を使っている場合はCELL関数を、エクセル2013以降を使っている場合はSHEET関数を使った方法をおすすめします。

まとめ

まとめ

  • 関数を使わず式だけでシート毎に日付を自動入力できることもできる。
  • 式は開始付から日数を足し込むだけのシンプルなもの。
  • ただし、全シートで式を修正する手間がかかる。

日付に日数を足し込む計算は、エクセルだと算数のように+1、+2、+3と書きます。

なので、日付を求める時に何をやっているのかが一目瞭然でわかりやすいのが今回紹介した式のメリットです。

全シートの式の修正は確かに手間がかかりますが、一度作ってしまえばずっと使える自動入力なので、おすすめですよ^^

タイトルとURLをコピーしました