エクセルで行列を非表示→表示を繰り返すよりグループ化で効率アップ!

スポンサーリンク

Excelで表なんか作り込んでいくと、行や列がどんどん増えていって画面の中に表全体が収まらなくなるなんてことがよくありますよね。

1画面で表全体を見ようとすると、ひとまず見なくてもいい行や列を『非表示』にしてなんとか収めたいと思うはず。

そういう時には、

1. 隠したい行、列を選択して右クリックの『非表示』

2. もう一度見たい場合は、同じ操作で『再表示』

なんていう操作を繰り返すことになると思います。

僕も以前はこの方法ばっかり使ってました。

でも、この『非表示』→『再表示』の操作って、結構面倒くさいことに気づくはずです。

今回は、『非表示』→『再表示』の繰り返しよりも、もっと簡単で作業効率がアップする『グループ化』の方法を紹介します。

グループ化の方がなにかと便利なところが多いので、この機会にぜひグループ化の方法をものにしてください。

グループ化を覚えたら、『脱初心者』への第一歩かも^^

エクセルで行列を『非表示/表示』する操作の欠点

グループ化の方法を紹介する前に、『非表示/表示』の欠点について書いてみます。

『非表示/表示』の欠点

  • 非表示になった行、列がどこにあるのかわかりづらい
  • 操作が、『(行、列)選択』→『右クリック』→『表示/再表示』なので面倒

特に、最初の『非表示になった行、列がどこにあるのかわかりづらい』というのは、結構大きい欠点だと思いますね。

 

列が増えれば増えるほど、『うーん、どこの列を隠したんだっけ?』と、いちいち列番号で飛んでいるところを探すはめになります。

自分が作ったExcelの中を探すだけだったら、まだいい。

これが、他の人からもらったExcelだと探すのにうんざりして、『どこが隠れているのかわからないの送ってくんな!』とぼやくはず^^

逆に、相手からそんな風に思われたくないですよね。

 

2番めの欠点も、隠したり、再表示したりの操作が多くなればなるほど、『面倒だな』と思ってしまいます。

ショートカットキーもありますが、再表示の場合はマウスで隠れている行(列)をまたいで選択する操作になるので、やっぱり面倒。

この2つの欠点を解消してくれるのが、今回紹介する『グループ化』なんです。

エクセルで行列を非表示→表示を簡単にできるグループ化の方法

グループ化するための操作は、『非表示』の操作とそんなに変わりません。

ただし、グループ化は最初の操作でボタンが作られるので、あとはそのボタンをポチポチするだけ。

だから、『非表示』→『表示』のように、『隠す→表示』のたびに同じ操作を繰り返さないでいいので、ものすごく便利!

では、いつものように動画でグループ化の方法を解説します。

エクセルで行列の非表示/表示を簡単にできる『グループ化』の方法

どうですか?グループ化のボタンを押すだけで、隠す→表示が簡単に切り替えられるので便利だと思いませんか?

ショートカットキー一発でグループ化/グループ化解除をする

ここまでグループ化の方法を紹介しましたが、ショートカットキー一発でできる方法もあります。

そっちから紹介しろって?^^

グループ化/グループ化解除のショートカットキー

  • 『SHIFT+ALT+→(右)』(グループ化)
  • 『SHIFT+ALT+←(左)』(グループ化解除)

行、列を事前に選択していれば、このショートカットキー一回ですぐにできます。

行、列の中の一部のセルを選択している状態でこのショートカットキーを操作すると、次のようなダイアログが出るので、あとは行か列かを選ぶだけ。

ショートカットキーでグループ化を解除する方法

場所をとるグループ化ボタン(アウトライン)を隠す方法

ここまでグループ化の方法と便利なところを紹介しました。

ただ、グループ化も欠点があります。

それは、グループ化のボタン(アウトライン)が配置される領域が結構な大きさであること。

画面が小さいノートPCなんかだと、下手すれば1/3ぐらいはグループ化の領域になるかsもしれません。

一時的にグループ化の領域を非表示したい場合は、次の手順を試してください。

 

リボンのタブ『ファイル』を選択

Excelでグループ化(アウトライン)を非表示にする方法

 

『オプション』を選択

Excelでグループ化(アウトライン)を非表示にする方法

 

『詳細設定』

Excelでグループ化(アウトライン)を非表示にする方法

『アウトラインが適用されている場合はアウトライン記号を表示する』のチェックを外せば、グループ化の領域は非表示になります。(グループ化が解除されるわけではありません)

エクセルで行列を非表示→表示をグループ化する方法のまとめ

今回は、操作が面倒な『非表示』→『再表示』よりもスマートで、作業効率がアップするグループ化の方法を紹介しました。

『非表示』、『表示』の操作に慣れている人だったら、ボタンを作る操作に手間取ることもないはず。

グループ化できるようになれば、『非表示』→『再表示』なんかより使いやすいことがわかると思います。

特に、『非表示』→『再表示』の欠点である、『隠れていたところを探す手間』がないだけでもグループ化のありがたみがわかるんじゃないでしょうか。

グループ化されたExcelを相手に渡すと、隠れている行、列がどこなのかが一目瞭然なので、相手の人もスムーズに作業を進められます。

グループ化を使いこなせるようになると、『お、こいつ出来る!』と評価があがって、もう『初心者』なんて言われることはないと思いますよ。

多分^^

 

コメント