エクセルの入力済みデータの一部を非表示にする

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする MiniTips

皆が読んでいる! よく読まれている人気記事一覧

これは知らなかった!? 意外と知らないミニTips集

エクセルで作った売上管理表や予算表などで、セルに入力した『ある一部のデータだけを非表示にする』方法を紹介します。

例えば、作った資料を会議などで他の人に見せる時に、入力している一部のデータを見せたくないという場合などですね。

使う場面は限られると思いますが、『こういうこともできるんだ』という程度で読んでおいてください^^

セルに入力した一部のデータ(数値)を非表示にする方法

下のエクセルのような売上管理表があって、9月分の売上は確定じゃないのでまだ見せたくないという場合。

こういう時に、9月分の売上データだけを非表示にすることができます。(削除じゃありません)

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする

 

方法は次の通りです。

見せたくないセルを選択し、マウス右クリックのメニューから『セルの書式設定』を選択するか、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)のショートカットキーで、『セルの書式設定』ダイアログを表示させます。

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする

セルの書式設定ダイアログを表示するショートカットキー

 

『セルの書式設定』では、『表示形式』(①)→『ユーザー定義』(②)と選択していき、『種類』にはセミコロンを2つ(;;)入力します。(③)

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする

 

すると、選択されていたセルの入力データが表示されなくなります。

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする

データは非表示になっているだけで、非表示になっている部分にカーソルを持っていくとデータは削除されていないことがわかります。

セルに入力した一部のデータ(文字列)も非表示にする方法

さきほどの方法は、数値を非表示にする方法です。

見出しの文字列『売上(9月)』も非表示にしたい場合は、『ユーザー定義』の『種類』にセミコロンを3つ(;;;)入力します。

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする

セミコロン3つでは、数値に加えて文字列まで非表示にすることができます。

非表示したデータは印刷でも非表示となる

非表示にしたデータはシート上だけではなく、印刷でも非表示になります。

下の画像は、データを非表示した時の印刷プレビューですが、非表示になっているので印刷されません。

エクセルで入力済みデータの一部を非表示にする

ポイント

ポイント

  • 入力したデータ(数値)を消さずに非表示にしたい場合は、書式の『ユーザー定義』でセミコロン(;)を2つ入力する。
  • 文字列も非表示にする場合は、セミコロンを3つ入力。
  • 非表示にしたデータは、印刷でも非表示になる。(印刷されない)

今回紹介した方法は、行や列を非表示にするのではなく一部のデータだけを非表示にできるので、ちょっとだけ非表示にしたいという場合には便利です。

ただし、『どこを非表示にしたのかわかりづらくなる』のが欠点なので、その点だけ注意しましょう^^

タイトルとURLをコピーしました