エクセルのシートや一部のセルを保護(ロック)する方法

エクセルのシートや一部のセルを保護(ロック)する方法 保護

作ったエクセルの資料を社内に配布したり回覧する場合とかありますよね。

例えば、アンケートを作って入力してもらうとか、日報を毎日書いてもらうとか。

当然フォーマットをきちんと作って配布するわけですが、どうしても一部のセルの内容の変更や、シートの名前の変更、移動をしてほしくない場合があります。

こんな時に便利なのが『保護』(ロック)です。

そこで、今回は保護に関連する次の方法を紹介したいと思います。

この記事の内容

  • 特定のセルを変更できないように保護(ロック)する方法。
  • シートの移動、削除、追加、シート名の変更ができないように保護する方法。

エクセルの一部のセルを保護(ロック)する

例えば下の業務日報のように、自動で入力されている日付を変更してもらいたくない時。

一部のセルだけを保護(ロック)したい場合ですね。

エクセルの一部のセルに保護(ロック)をかける方法

 

ここでは、フォーマットが同じであるシートを全てロックする方法を紹介します。(1シートだけ保護したい場合は、全シート選ぶ必要はありません)

※ただし、最後の保護の操作だけは1シートずつ操作する必要があります。

 

まず、全シートを選択した状態にし(①)、シートの列と行が交差する左上の部分をクリック(②)(これで全セルが選択される)

『ホーム』(③)→『書式』(④)→『セルのロック』がオンであればクリックしてオフにする。

『セルのロック』がオフであれば何もしない。

エクセルの一部のセルに保護(ロック)をかける方法

これで一旦全部のセルのロックがオフ(無効)になります。

ちなみに、下の画像はセルのロック状態を示すアイコンです(微妙にわかりづらい^^)

セルのロックがオンの状態

セルのロックがオンの状態

セルのロックがオフの状態

セルのロックがオフの状態

 

次に、ロックしたいセルだけをロックします。

自動入力の日付のセルだけをクリックし(①)、書式のクリックメニューからセルのロックを選択(オフになっているはずなのでオンにする)

エクセルの一部のセルに保護(ロック)をかける方法

 

最後に、『シートの保護』を全シートに対して行います。

悲しいことに、『シートの保護』はシートをまとめてできない仕様なので、シートを1つずつ選択して地道に『シートの保護』をかけるしかありません。
シートを1つ選択し(①)、シート見出しで右クリックして表示されるメニューから『シートの保護』を選択。
エクセルの一部のセルに保護(ロック)をかける方法
そのまま『OK』をクリック。
セルの保護をかける
これで自動入力の日付のセルは保護されたので、セルを変更しようとしてもできなくなります。
セルに保護をかけたので変更ができない

シートの変更を保護(ロック)する

続いては、シートの変更(移動、削除、追加、シート名の変更)ができないように保護する方法です。

『校閲』タブ(①)から『ブックの保護』(②)を選択。

シートを変更できないようにブックを保護

 

保護するためのパスワードを聞いてくるので、好きなパスワードを入力します。

シートを変更できないようにブックを保護

 

今度はパスワードの確認です。さっき入力したパスワードを入力します。

シートを変更できないようにブックを保護

 

これで、シートの移動、削除、追加やシート名の変更ができなくなります。

シートを変更できないようにブックを保護

まとめ

まとめ

  • シートの保護は『校閲』→『ブックの保護』から行う。
  • 一部のセルを保護する場合は、一旦全てのセルを『保護なし』にした後に一部のセルを保護にする手順にすると間違いにくい。

他の人に配布したエクセルの資料は、変更してほしくない部分があれば事前に保護をかけてあげる方が親切です。

また、間違って変更された時の修正にも時間をかけたくないもの。

セルを変更されたり、シートを変更されたくない場合には、ここで紹介した『保護』を積極的に使うようにしましょう。

シートの保護は簡単ですが、セルの保護は慣れないうちは保護の書け方に手間取ることもあります。

『全シートを一旦保護なし状態にして、後から一部のセルだけを保護にする』という手順さえ抑えておけば、間違いはないですよ^^