大量のセル内改行を一括で削除する方法

大量のセル内改行を一括で簡単に削除する方法 削除

エクセルには、入力済みの文字の途中に改行を入力できる『セル内改行』というものがあります。

『ALT』+『Enter』キーを押すことで、その位置から強制的に改行できるわけですが、セル内改行をバンバン使ったあとで、セル内改行が不要になるということが多々あります。

つまり、セル内改行が邪魔になるわけです^^

だったら、セル内改行を削除すればいいだけの話ですが、改行が多ければ多いほど削除も大変になります。

この記事の内容

  • セル内改行を、DELキーを使わずに関数で確実に削除する。
  • 大量のセル内改行を一括で削除する。
  • セル内改行を削除する関数は、見えない文字(制御コード)も削除できる。

これ以降は上記内容で書いているので、セル内改行が多すぎて削除が大変という場合には、かなり使える方法だと思います。

ぜひ参考にしてください。

関数を使ってセル内改行を確実に削除する方法

セル内改行を確実する場合は、普通はDELキーを使うと思います。

でも、いちいち改行の位置にカーソルを持っていって削除するというのは意外と手間がかかって非効率です。

それが数が多くなると、手間は多くなる、間違って文字を消したりと、結構神経使って時間がかかる作業となります。

そんな時に便利なのが、セル内改行を簡単に削除してくれる『CLEAN関数』

しかも、『CLEAN関数』はセル内に改行がいくつあっても、きれいに削除してくれます。

 

ということで、さっそく『CLEAN関数』を使ってセル内改行を削除してましょう。

下の画像のように、セル内改行が入力されているセルが沢山あったとします。

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

赤い縦線がセル内改行が入力されている位置です。

 

そして、『CLEAN関数』を使ってセル内改行を削除してみます。(D2にCLEAN関数を入力)

削除した結果がD2に表示されています。

=CLEAN(B2)

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

使い方は、CLEAN関数にセル内改行を削除したいセルの位置(この例ではB2)を指定するだけ。

しかも、CLEAN関数は指定のセルの全ての改行を削除してくれるので、簡単で確実にセル内改行を削除してくれます。

大量のセル内改行を関数とフィルコピーで一括で削除する方法

大量にセル内改行がある場合は、CLEAN関数をフィルコピーして一括で削除してみましょう。

既にD2にCLEAN関数を入力しているので、このCLEAN関数を他のセルにもコピーしていきます。

下の画像にあるように、コピーしたいセルの右下にマウスを置くと、マウスの形が十字の形に変わるので、十字マウスをつまんだまま最後の行までグーっとドラッグします。

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

 

すると、他のセルにもCLEAN関数が一気にコピーされ、D列にセル内改行が削除された結果が表示されます。

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

フィルコピーはセルの位置をコピー先にあわせて自動で変更してくれるので、かなり便利なコピーなので、使える場面ではどんどん使っていきましょう。

CLEAN関数は改行以外の見えない文字(制御コード)も削除できる

CLEAN関数はセル内改行を削除してくれますが、実は改行だけではなく『制御コード』と呼ばれる見えない文字を削除することができます。

『制御コード』というのは印刷されない文字のことで、その名の通り文字の制御などをするコードです。

ASCII(アスキー)コード表

上の画像はASCII(アスキー)コードの表で、黄色のコードが『制御コード』を示していて、青い部分は印刷できる『文字』です。

最後のDEL(127)以外の全ての制御コードを削除してくれるのがCLEAN関数。

 

制御コードは見えないコードなんですが、一部はゴミのように見えるものもあるので、『ゴミコード』も呼ばれることもあります。

そんなゴミコードを削除してくれるのがCLEAN関数で、その名の通り『ゴミコードをクリーン』してくれるってことですね^^

 

使い方は、セル内改行の削除と同じく、制御コード(ゴミコード)を削除したいセルの位置を指定すればいいです。

異なるセルの文字が一致しているかという判定をしたい時に、同じ文字に見えても制御コードが原因で一致しないことがあります。

そんな時は、このCLEAN関数でクリーンしてみましょう。

もし、制御コードが含まれていた場合はきれいに削除してくれるはずです。

まとめ

まとめ

  • セル内改行の削除は、簡単で確実なCLEAN関数を使う。
  • 大量にセル内改行がある場合は、CLEAN関数をフィルコピーして一気に削除する。
  • セルの中に制御コードが含まれている場合も、CLEAN関数で解決できる。

セル内改行って、本当は使い所がない改行です。

入力している文字がセルの幅を超えそうな場合は、『セルの書式設定』で『折り返して全体を表示する』を有効にすると、自動で折り返して改行してくれます。

だから、普通はセル内改行は不要なんです。

とは言っても、自動で改行してくれる設定があることを知らなかったり、どうしても使わざるを得ない場合もあるかもしれません。

もし、入力したセル内改行が不要になった時は、数が少ないうちはDELキーでも構いませんが、数が多い場合には積極的にCLEAN関数を使うことで作業効率がアップします。

簡単に確実にセル内改行を削除してくれるCLEAN関数を有効利用しましょう。