エクセルの大量のセル内改行を一括で削除する

大量のセル内改行を一括で簡単に削除する方法 削除

エクセルには、入力済みの文字の途中に改行を入力できる『セル内改行』というものがあります。

『ALT』+『Enter』キーを押すことで、その位置から強制的に改行できるわけですが、セル内改行をバンバン使ったあとで、セル内改行が不要になるということが多々あります。

つまり、セル内改行が邪魔になるわけです^^

だったら、セル内改行を削除すればいいだけの話ですが、改行が多ければ多いほど削除も大変になります。

この記事の内容

  • セル内改行を、DELキーを使わずにCLEAN関数で削除する。
  • シート単位/ブック単位での大量削除の場合は、一括置換を使う。

この記事は上記内容で書いているので、セル内改行が多すぎて削除が大変という場合には、かなり使える方法だと思います。

ぜひ参考にしてください。

関数を使ってセル内改行を確実に削除する

セル内改行を確実する場合は、普通はDELキーを使うと思います。

でも、いちいち改行の位置にカーソルを持っていって削除するというのは意外と手間がかかって非効率です。

それが数が多くなると、手間は多くなる、間違って文字を消したりと、結構神経使って時間がかかる作業となります。

そんな時に便利なのが、セル内改行を簡単に削除してくれる『CLEAN関数』

しかも、『CLEAN関数』はセル内に改行がいくつあっても、きれいに削除してくれます。

 

ということで、さっそく『CLEAN関数』を使ってセル内改行を削除してましょう。

下の画像のように、セル内改行が入力されているセルが沢山あったとします。

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

赤い縦線がセル内改行が入力されている位置です。

 

そして、『CLEAN関数』を使ってセル内改行を削除してみます。(D2にCLEAN関数を入力)

削除した結果がD2に表示されています。

=CLEAN(B2)

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

使い方は、CLEAN関数にセル内改行を削除したいセルの位置(この例ではB2)を指定するだけ。

しかも、CLEAN関数は指定のセルの全ての改行を削除してくれるので、簡単で確実にセル内改行を削除してくれます。

大量のセル内改行を関数とフィルコピーで一括で削除する

大量にセル内改行がある場合は、CLEAN関数をフィルコピーして一括で削除してみましょう。

既にD2にCLEAN関数を入力しているので、このCLEAN関数を他のセルにもコピーしていきます。

下の画像にあるように、コピーしたいセルの右下にマウスを置くと、マウスの形が十字の形に変わるので、十字マウスをつまんだまま最後の行までグーっとドラッグします。

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

 

すると、他のセルにもCLEAN関数が一気にコピーされ、D列にセル内改行が削除された結果が表示されます。

セル内改行をCLEAN関数で一括削除する

フィルコピーはセルの位置をコピー先にあわせて自動で変更してくれるので、かなり便利なコピーなので、使える場面ではどんどん使っていきましょう。

CLEAN関数は改行以外の見えない文字(制御コード)も削除できる

CLEAN関数はセル内改行を削除してくれますが、実は改行だけではなく『制御文字』と呼ばれる印刷できない文字を削除することができます。

他のアプリから文字列をコピペでエクセルに貼り付けた時に、『制御文字』が混入されることがよくあります。

中にはDELキーで消そうにも消せないものもあるので、どうやって削除したらいいのかわからない場合は、CLEAN関数で解決できますよ!

制御文字の削除は、改行コードを削除する場合と全く同じです。

制御文字の削除については次の記事詳しく書いているので、『印刷できないよくわからない文字』を削除したい場合は参考にしてください。

シート(ブック)内の全てのセル内改行コードを一括で削除する

ここまでの方法でもまとめて改行を削除することはできますが、シート内にある全ての改行を削除するとなるとかなり大変です。

そういう場合は、『一括置換』で改行を削除してみましょう。

例えば、下のエクセルのようにセル内改行が入力されているセルが沢山あった場合。

セル内改行が入力されているセルがシート内に大量にある

 

これを『一括置換』で、一気に改行を削除します。

『CTRL』+『H』で『検索と置換』ダイアログを表示させ、『検索する文字列』には『CTRL』+『J』と入力します。

『CTRL』+『J』が改行コードを入力するためのショートカットキーで、入力しても何も表示されません。

そして、『置換後の文字列』の方には何もしないで(②)、『すべて置換』をクリックします。

シート内のセル内改行を一括で削除する

もし、シートだけではなくブック全体の改行コードを削除したい場合は、『オプション』ボタンを押して、『シート』→『ブック』に変更してください。

シート内のセル内改行を一括で削除する

 

『CTRL』+『J』がきちんと入力されていれば、置換完了のメッセージダイアログが表示されます。

シート内のセル内改行を一括で削除する

 

そして、このように全てのセル内改行が削除されます。

シート内のセル内改行を一括で削除できた

最初に紹介したCLEAN関数の方法は、別なセルに改行コードを削除した結果を表示しますが、同じセルでそのまま改行コードを削除したい場合は、『CTRL』+『J』による置換の方法を使ってください。

セル内改行を削除せずに、削除したように見せかける方法

ここまでは、セル内改行そのものを削除する方法を紹介しましたが、実は改行を削除しなくても『削除したように見せかける』方法もあります。

『文字を編集したくないけど、改行を削除して1行にまとめたい』などという場合に便利な方法だだと思います。

その方法については、次の記事に詳しく書いているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

まとめ

  • セル内改行の削除は、CLEAN関数を使うか置換の2つの方法がある。
  • 同じセルに改行コードの削除結果を表示させたい場合は置換を、別なセルに削除結果を表示させたい場合はCLEAN関数を使う。
  • シート内やブック内の全改行コードを削除したい場合は一括置換を使う。

エクセルでは、セル内改行はよく使われます。

本当は、文の途中で改行を使わない方が、セルの幅を超えた時に自動で折り返されるので、見た目にもきれいに見えます。

でも、次の文を入力したい場合やどうしても文の途中で改行を入れたい場合などは、セル内改行を使うことになります。

もし、入力したセル内改行が不要になった時は、CLEAN関数を使いましょう。

そして、シート単位やブック単位での大量な削除が必要な場合は、一括置換を活用して作業効率をアップさせましょう。

タイトルとURLをコピーしました