エクセルのオートフィルで連続データとして入力できるものはこれです

スポンサーリンク

エクセルで1、2、3というような『連続データ』を入力する場合は『オートフィル』がかなり便利です。

でも『オートフィル』を使った時に、どういうものが連続データとして入力できるかを知ってますか?

『オートフィル』では、連番のような連続データはもちろん、それ以外にも様々な連続データを入力することができます。

今回は以外と知られていない『オートフィル』の連続データについて紹介します。

『オートフィル』を使って標準で連続データとして入力できるもの

『オートフィル』を知らない人のために簡単に説明すると。

『オートフィル』というのは、例えば数字の『1』が入力されているセルのフィルハンドル(■の形)をつまんで下の方にドラッグすると、自動で連続した数字が入力されるかなり便利な機能です。

いちいち手で、『1』、『2』、『3』と打ち込んでいく必要がありません。

 

その『オートフィル』ですが、連続できるデータはあらかじめ決まっています。

 

それが、下の表にあるものです。

曜日なんかはよく使うと思いますが、和風月名(わふうげつめい)や、十干(じっかん)なんかは、使い所がほとんどないような^^

こんな連続データがあるんだという程度で、参考にしてください。

 

実は、上の表にある連続データはあらかじめ標準で登録されているんです。

それが、『ユーザー設定リスト』と呼ばれているもの。

ここにリストとして登録されているから、『オートフィル』を使った時に連続データとして入力できるわけなんですね。

『オートフィル』で連続データにできるもの

さきほどの標準の連続データ以外に、実務で使えそうな連続データをいくつか紹介します。

標準の連続データよりはこちらの方がより実務的ですね。

日付けはよく使うし、№と数字の連番なんかも結構使ったりします。

余談ですが、和暦の日付けにある東京オリンピックの年(実際には平成32年は存在しませんが)はうるう年です。

よく見ると、2月の末日は28日ではなく、ちゃんと29日で終わっていますね。

エクセルは以外とかしこい^^

『オートフィル』で連続データにできないもの

続いては、『オートフィル』で連続データにならないものです。

『あ』の次は『い』、『う』、『え』、『お』と続くので、連続データになりそうですが、連続にならないんですね。

同じように、『いろは』や『一、二、三』、(日)などの曜日をかっこでくくっているものもそう。

以外だったのが、アルファベット。

『A』~『Z』まで続いているので、連続データになりそうですが、これもならないんですね。

連続データにできるものと、連続データにできないものには条件がある

実は連続データにできるものとできないものは条件があります。

連続データにできるもの

  • 数字(半角、全角どちらでもOK)

連続データにできないもの

  • アルファベット
  • 漢字
  • 漢数字

数字は半角であろうが、全角であろうが連続データになります。

 

1、2、3などのように単独の数字はもちろん、先に紹介した№001や1-001などのように他の文字と組み合わせていても、数字の部分は連続データになります。

さきほどの連続データにできる表を見ると、全て数字が含まれていることがわかると思います。

 

逆に、同じ数字でも漢数字(一、二、三などですね)は連続データにはなりません。

全般的に漢字はNGです。

個人的には、『(日)』のように曜日をかっこでくくっている文字が連続データになればうれしいんですけどね^^

独自の連続データを登録すれば、『オートフィル』で入力できる

先に紹介した『ユーザー設定リスト』には『追加』ボタンがありました。

つまり、独自の連続データを『ユーザー設定リスト』に登録することで、『オートフィル』で登録した連続データを入力することができるんです。

直接入力して独自の連続データを追加する方法

まずは、『ユーザー設定リスト』に直接入力して追加する方法。

 

リボンの『ファイル』タブ→『オプション』

 

『詳細設定』を選択して、下の方にある『ユーザー設定リストの編集』をクリック。

 

『リストの項目』に独自の連続データを入力していきます。

1つの項目を入力したら改行(『ENTER』)キーを押して、どんどん追加しています。

 

全部入力したら、『追加』をクリック。

これで独自の連続データがリストに追加されました。

 

念の為、再度『ユーザー設定リスト』を開いてみると、追加されていることがわかります。

 

あとは、『オートフィル』を使って入力するだけ。

最初のデータの『北海道』を入力したらそのセルを選択して、右下に表示されている『フィルハンドル』(■の形)をつまんで、下までマウスでドラッグ。

 

すると、追加した独自の連続データが入力できました。

別セルに入力した連続データの範囲を指定して追加する方法

次は、任意のセルに連続データを入力しておいて、その範囲を指定することで追加する方法。

 

まずは、適当なセルに連続データを入力し、入力したセルを全て選択。

 

リボンから『ファイル』→『オプション』と進み、『詳細設定』の『ユーザー設定リスト』を開きます。(手順は前の方に記載済み)

『ユーザー設定リスト』を開いただけで、セルの選択範囲が自動で入力されます。

最後に『インポート』を押せば追加完了。

 

『OK』で『ユーザー設定リスト』を閉じます。

エクセルのオートフィルで入力する連続データのまとめ

まとめ

  • 『オートフィル』で入力できる連続データはあらかじめ決まっている
  • 連続データになるのは数字のみ(半角、全角問わない)
  • ただし、漢数字(一、二、三など)は連続データにはならない
  • 独自の連続データのリストを登録することができる

ここまで、『オートフィル』で入力できる連続データについて解説しました。

エクセルを使っていると、似たような表を作ることも多いと思います。

毎回同じデータの入力を繰り返しているのであれば、それらを『連続データ』として登録しておくと、フィルハンドルのドラッグだけで入力できて作業効率がグンとアップしますよ^^

手入力による入力ミスも防げるので、連続データの登録は使ってみる価値があると思います。