エクセルの縦書きを数字だけ横書きにする2つの方法!2桁、3桁もOK

エクセルの縦書きを数字だけ横書きにする2つの方法!2桁、3桁もOK Excel使いこなし(ステップアップ編)

エクセルではあまり縦書きは使いませんが、それでもセル内の文字を縦書きにする機能はあります。

でも日付けをそのまま縦書きにすると、ちょっと違和感が出てくるんですよね。

例えば、↓こんな感じです。

年、月、日は数字なのに縦書きというのはやっぱりすっきりしない^^

 

ということで、『縦書きなんだけど数字だけ横書きにする方法』を2つ紹介します。

 

今回紹介する方法を試すと、このように数字だけ横書きにすることができます。

また、2桁、3桁以上の数字でも横書きにできるので、ぜひ参考にしてください。

エクセルの縦書きを数字だけ横書きにできる一番簡単な方法(改行)

まずは、一番簡単に数字を横書きにできる方法を紹介。

『ALT』+『ENTER』で改行させるのがポイント。

 

まずは、普通に横書きの状態でセルに入力します。

 

そして、頭の文字から『ALT』+『ENTER』キーを押していって、1文字ずつ改行させます。

※この例では、『平』の後ろで、『ALT』+『ENTER』を押しています。

 

数字のところでは、途中では改行せず後ろで改行させます。

つまり数字の途中には改行を入れないことで、数字だけが横になるわけです。

 

あとは、これを繰り返して最後の文字まで改行を入力していきます。

 

最後に、セルの幅、文字の配置(揃え)、高さを調整すれば、数字だけを横書きにすることができます。

改行の方法での横書きのメリット/デメリット

改行による横書きのメリット(OK)/デメリット(NG)は次の通り

  • 『ALT』+『ENTER』で改行するだけなので簡単
  • 数字だけではなく、どんな文字でも横書きにできる
  • 何文字でも横書きにできる
  • 印刷では横書きの文字がはみ出る可能性あり
  • 本当は縦書きではない
  • 文字を他のセルへコピーして使えない(改行を入力しているので)

『ALT』+『ENTER』による改行は、なんといっても『手軽に数字だけ横書きにできる』ことが一番のメリットです。

エクセルの縦書きを数字だけ横書きにできる簡単な方法(セル幅調整)

続いては、『ALT』+『ENTER』を一切使わない方法。

注意点としては、『数字は半角で入力』することと、できれば『等幅フォント』を使うこと。

等幅フォントというのは全ての文字の幅が同じ幅になっているフォントのことです。

『MS Pゴシック』、『MS P明朝』ではなく、『MS ゴシック』、『MS 明朝』などのように、フォント名に『P』がつかないのが等幅フォント。

 

では手順に進みます。

これも、普通に横書きの状態でセルに入力します。

この時、縦書きにしても収まるぐらいにセルの高さを広げます。

 

そして、セルを選択した状態で『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)を押して『セルの書式設定』ダイアログを表示。

ここでは、横位置を『中央揃え』に、文字の制御の『折り返して全体を表示する』にチェックをつけます。

この方法は、『折り返して全体を表示する』ことがポイントなので、必ずチェックをつけてください。

 

あとは、セルの幅をちょっとずつ小さくしていきます。

下の画像にあるように、マウスのドラッグで小さくしてください。

 

そうすると、数字以外は全部一文字になり、数字2桁だけが横に並ぶようになります。

横書きは数字2桁まで?3桁の横書きはできない?

今紹介したセル幅の調整による方法は、数字2桁の場合でした。

じゃ3桁はできない?

答えは、『できなくもない』です^^

かなり強引なやり方ですが、紹介したいと思います。

 

次のように、『天然100%』の『100』を横書きにしたい場合。

 

横書きにしたい『100』だけマウスドラッグで選択。

 

そして、『CTRL』+『1』で『セルの書式設定』ダイアログを表示。

ここでは、現在のフォントサイズよりワンサイズ、もしくはツーサイズ小さくします。

 

すると、フォントのサイズが小さくなったことで、3桁の『100』が横に並ぶようになります。

 

とにかく、横に並ぶまでフォントサイズを小さくしていくのがポイントです。

 

同じような方法で、4文字ある曜日の『(金)』も横に並べることも可能。

ただし、カッコ『(』、『)』は半角にしたり、『金』のフォントサイズはかなり小さくするなどの工夫が必要です^^

 

この方法のメリットとしては、改行を一切入力していないので、文字をそのまま他のセルにコピーできることですね。

セル幅の調整による横書きのメリット/デメリット

セル幅の調整による横書きのメリット(OK)/デメリット(NG)は次の通り

  • どんな文字でも横書きにできる
  • セルの幅を調整するだけで、全体を縦書きに、数字だけ横書きにできる
  • 改行を使わないので、入力した文字を他のセルにコピーできる
  • 2桁の数字(文字)を横に並べるのが難しい(手間がかかる)
  • フォントの調整(等幅フォント、サイズ変更)が必要
  • 印刷では横書きの文字がはみ出る可能性あり
  • 本当は縦書きではない

最初の改行の方法よりは、ちょっと手間がかかるのがデメリットでしょうか。

セルに入力した文字を改行したくない場合は、こちらの方法がおすすめです。

それよりも、この方法はメリットよりデメリットの方が多くなってしまった^^

エクセルの縦書きを数字だけ横書きにする方法のまとめ

まとめ

  • 簡単に数字だけ横書きにしたければ、『ALT』+『ENTER』を使った改行がベスト
  • 印刷では文字がはみ出る可能性が大きいので、事前の印刷プレビューは必須
  • 本当の縦書きではない

手っ取り早く、簡単に数字を横書きにしたいのであれば、『ALT』+『ENTER』による改行の方法がおすすめです。

 

今回紹介した方法の注意点として、横書きにした文字が印刷するとはみ出る可能性が高いので、必ず『事前に印刷プレビューでチェック』してください。

 

数字だけ横書きにしたいというのは、本来エクセルにない機能です。

なので、かなり強引な方法しかありません。

 

ただ、印刷さえできればいいとか『割り切ることができる』のであれば、今回紹介した方法を大いに有効利用してください。

本当は、こういう時こそWordの出番なんですけどね^^

タイトルとURLをコピーしました