新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルで行を簡単に移動できるマウスのショートカット

エクセルで行や列の順番を入れ替える時に使うべき方法はこれ! 移動

エクセルでは、よく行や列の移動させたいという場合が出てきます。

そんな時に便利なのが、今回紹介する『マウスドラッグを使って行や列を移動させる』方法。

無駄な操作がなくて非常に簡単に移動することができるので、かなり便利ですよ。

覚えておくと重宝する時短ワザだと思います。

エクセルでは必須のショートカットキーまとめ!
エクセルで劇的に作業効率がアップするショートカットキー一覧

エクセルの行をマウスドラッグで簡単に移動させる

まずは、マウスドラッグで行を移動させる方法。

次のような表があって、黄色のセル№4の行を緑の№3の前に移動させてみます。

 

移動させたい黄色のセルを選択して隣のセルとの境界にマウスを持っていくと、十字のようなマウスに変わります。

 

十字マウスに変わったら、ドラッグしながら緑の№3のセルとその上の間までマウスを動かします。

すると、№2と№3の間に灰色の線(赤枠部分)が出るので、ここでドラッグをやめます。

 

これで№4の行を№3の行の前に移動させることができました。

ちなみに、ドラッグした時に表示された灰色の線は移動先の場所を示しているので、動かす時の目安にしてください。

また、灰色の線の下に表示される『B5:F5』も、移動先のアドレスを示しています。

エクセルの列をマウスドラッグで移動させる

続いては、列を移動させる方法。

操作としては、さきほどの行と全く同じです。

今度は、『合格判定』の列と『点数』の列を変える場合の例を解説します。

下の画像は、『合格判定』の列を選択して、マウスドラッグで『点数』の列の前に移動しようとしているところです。

 

列をドラッグすることで、『合格判定』の列を『点数』の列の前に移動させることができました。

エクセルの行、列をマウスドラッグで移動させる(動画解説)

実際に動画による解説の方がわかりやすいと思うので、動画の方も参考にしてください。

この動画でも紹介していますが、行、列を移動させたい場合は、セルそのものを選択するより、行、列を選択した方がより操作は簡単になります。

エクセルで行や列の順番を変える方法のまとめ

まとめ

  • 行、列は、マウスドラッグを使えば一回で移動させることができる
  • 移動させたい行、列が複数の場合でも、複数選択すればマウスドラッグで可能。

通常、行、列を移動させたい場合は、『移動させたいセルの選択』→『切り取り』→『入れ替え先のセルの選択』→『貼り付け』のような手順になります。

今回紹介したマウスドラッグの方法は、たった一回のドラッグで移動させることができるので、作業効率アップにつながる時短ワザだといえます。

ちょっとした行、列を移動させる場合は、マウスドラッグの方が断然使いやすいのでぜひ有効利用してください。

エクセルでは必須のショートカットキーまとめ!
エクセルで劇的に作業効率がアップするショートカットキー一覧
タイトルとURLをコピーしました