エクセルで5mmや1cmの方眼紙を簡単に作る方法

スポンサーリンク

エクセルはセルという単位で罫線を引いたり結合できたりするので、表のレイアウトは比較的に自由に作ることができます。

ただ、標準のセルの幅、高さではいろんなサイズの表が混在している請求書のようなものを作るのには標準のセルでは使いにくいという話も聞きます。

そこで、どんな表でも柔軟にできる『方眼紙』の作り方を紹介します。

方眼紙のセルのサイズをcm(センチ)、mm(ミリ)の単位で作る方法

ここでは具体的に、セルのサイズにcm、mmを指定して方眼紙を作る方法を紹介します。

 

cm、mmの指定は、『標準ビュー』ではできないので、ブックの表示を『ページレイアウト』に切り替えます。

エクセルのステータスバーにある『ページレイアウト』をクリックします。

ページレイアウトボタン

または、リボンの『表示』タブから『ページレイアウト』

リボンからページレイアウトを選択

 

そうすると、次のような表示に切り替わります。

『ページレイアウト』は、印刷に近いイメージの表示になります。

エクセルのページレイアウト

セルサイズが1cm(センチ)の方眼紙の作り方

全ての行と列を選択したいので、列と行が交差する左上の部分をクリック。

ページレイアウトでセル全体を選択

 

列の番号どこでもいいので、マウスの右クリックでメニューを表示し、『列の幅』を選択。

列の幅を変更

 

列の幅を1cmとします。

列の幅が1cmの方眼紙

 

同じように、行番号のどこでもいいので、マウス右クリックで『行の高さ』を選択。

行の幅を変更

 

行の高さも1cmにします。

行の高さが1cmの方眼紙

 

そうすると、次のように綺麗な方眼紙ができあがります。

セルのサイズが1cmの方眼紙

セルサイズが5mm(ミリ)の方眼紙の作り方

続いては、セルのサイズが5mmの方眼紙。

1cmと同じで、列の幅、行の高さにそれぞれ『5mm』を入力するだけです。

列の幅が5mmの方眼紙

行の高さが5mmの方眼紙

 

そうすると、5mmサイズの方眼紙ができます。

セルのサイズが5mmの方眼紙

エクセルはcm(センチ)やmm(ミリ)単位で指定しても、微妙に誤差が出る

エクセルは内部ではインチに換算して計算するため、cm(センチ)やmm(ミリ)単位で指定しても、ちょっと誤差が出ます。(アメリカ製なのでインチが基準でしょうがないです)

 

列の間にマウスを置いてクリックすると、列幅が確認できます。

1cmで指定した列幅は1cmでない

1cmより若干小さい0.98センチとなっています。

 

行の高さも同じ0.98センチ。

1cmで指定した行高さは1cmでない

 

最終的に方眼紙を紙に印刷しても、ここでの誤差もそうですが、プリンタの解像度によっても指定した通りにセルサイズになるとは限りません。

なので、あくまでも目安として、cmやmmが指定できると理解してください。

エクセルで5mmや1cmの方眼紙を簡単に作る方法のまとめ

まとめ

  • cm(センチ)、mm(ミリ)の単位で方眼紙を作りたい場合は、『ページレイアウト』
  • cm(センチ)、mm(ミリ)で指定しても、正確なサイズにはならない

方眼紙の簡単な作り方を紹介しました。

 

実は方眼紙にはいろんな議論があって、極端な話『方眼紙は悪だ』という人もいるようです。

 

何が悪なのかというと、『方眼紙を利用して作ったその人しか使えないものになるから』ということ。

確かに、方眼紙で作られたエクセルのシートは結合だらけの表がじゃんじゃん作られるし、エクセルをデータベースとして使う場合の大原則である『1行1データ』にそぐわなくなります。

ただ、エクセルでそんなにデーターベースを使う機会があるかというと、ちょっとそこは疑問ですけど。

他にも『方眼紙が悪』である理由はあるようですが、ここではこれ以上書きません。

 

ただ、僕個人の意見としては、誰かに引き継ぐような資料ではなく、あくまでも『自分の中で完結する資料』であれば、積極的に『方眼紙』は利用してもいいと思います。

 

これだと誰に迷惑をかけるわけでもないですからね^^