エクセルの連番を自動入力する方法!行削除されても自動で振り直します

スポンサーリンク

エクセルの表では連番を作成することは非常に多いです。

 

表が長くなればなるほど、連番がないと件数などが把握しずらくなるので、表を作ることは連番を作る作業とセットだと思ってもいいんじゃないでしょうか。

その連番はオートフィルなどにより簡単に作れますが、欠点は途中に行を挿入したり、削除となった場合には連番を振り直す必要があること。

ちょっとした手間ですが、振り直しも以外と忘れがちです。

 

そこで、『連番の途中に行を追加したり削除しても、自動で連番が振り直される方法』を紹介します。

 

この方法はなんといっても連番の振り直しが必要がないので、ぜひ覚えてください。

手入力やオートフィルなどで連番を作った場合の欠点

冒頭でも書きましたが、普通に連番を作ると、途中に行が追加されたり削除されたりした時に、連番が崩れるため、振り直しの作業をしないといけないのが欠点です。

 

例えば、下のような表があったとして、既にオートフィルで連番が作られています。

 

この表の№4の行を削除すると、

 

№4が欠番状態になります。

 

今度は、№6の行をコピーして、同じ位置に挿入してみます。

 

№6が重複になってしまいました。

 

結局、数値が直接入力されているために欠番になったり重複になったりするわけですね。

行の位置を返すROW関数を利用して、自動で連番を振り直す方法

では、行追加や削除があっても、自動で連番を振り直す方法を紹介します。

 

連番の最初のセルに『=ROW() – 3』と入力して『Enter』キーを押します。

この表で解説すると、4行目に入力したROW関数は行数の『4』を返します。
そして、この行では連番の最初である『1』を入力させたいので、『ROW() – 3』→『4 – 3』で『1』となります。

 

つまり行数から連番を作るのが、ROW関数を使った連番入力のポイントとなります。

 

次に、最初の連番に入力したROW関数をコピーして、そのまま最後までコピーします。

※最初の連番のセルをクリックして、セル右下の十字マークをつまんで最後までもっていくとコピーされます。

 

すると、このように1~10までの連番ができあがります。

これで、どの行にも『=ROW() – 3』という数式が埋め込まれたことになります。

 

試しに、№4の行を削除しても、欠番とならず1~9まで連番が振り直されていることがわかります。

 

同様に、№6をコピーして挿入しても、1~11までの連番に振り直されます。

自動で連番を振り直すのは、列でもできる

ここまでの解説では行を例にしていますが、もちろん列でも同じことができます。

列数を返すのはCOLUMN関数です。

『=COLUMN() – 2』のように書けばOKです。

エクセルの連番を自動入力する方法のまとめ

今回は、連番を自動で振り直してくれる便利な方法を紹介しました。

実際に僕はこの方法で必ず連番を振るようにしています。

ものすごい便利ですよ。

ただし、最初の連番より上で行を挿入したり削除したりすると、ROW関数の再入力となるのが唯一の欠点かな?^^

 

いずれにしろ、直接数字を埋め込んだ連番にすると、連番が崩れた時に振り直しが微妙に面倒なのと、振り直すことをついつい忘れてしまうことがあるんですよね。

そんな問題を解決してくれるのが、今回紹介したROW関数(COLUMN関数)を使った連番を自動入力する方法です。

 

かなり便利な方法なので、ぜひ覚えて、連番の崩れを気にしないで作業できるようにしてください。