新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

Windows10に一番簡単にアップグレードできる方法

Windows10に一番簡単にアップグレードできる方法 Windows10

Windows7からWindows10へアップグレードする方法は少なくとも3つの方法があります。

でも、アップグレードというのはものすごく時間がかかる作業となるので、できれば一番簡単な方法でアップグレードしたいですよね。

そこで、最短で簡単にWindows10へアップグレードする方法を紹介します。

アップグレードしたいWindows7のパソコンがネットに繋がってさえすれば、簡単にできます。

なので、アップグレード用の起動メディア(DVDやUSB)すら必要ありません。

ぜひ参考にしてください!

事前にWindowsUpdateの自動更新は『無効』にする

Windows10へのアップグレードの前に、WindowsUpdateの自動更新を『無効』にすることを強くおすすめします。

『無効』にしないと、場合によっては『更新プログラムのチェックが46%で止まったまま』となる現象が発生します。

できれば、上記記事で紹介している方法を参考にWindowsUpdateの自動更新を『無効』にしてください。

オンラインでWindows10にアップグレードする

さっそく、Windows7からWindows10へ一番簡単にアップグレードする手順を紹介します。

まずは、マイクロソフトのWindows10用のアップグレードサイトにアクセスします。

 

上記サイトにアクセスして、『ツールを今すぐダウンロード』をクリック。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

メディア作成ツールを保存するダイアログが表示されるので、適当なフォルダに保存します。

保存できたらダブルクリック。

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

この後いろんな画面が表示されますが、次の画面になるまで待ちます。

 

『このPCを今すぐアップグレードする』にチェックを付けて、『次へ』

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

 

しばらくこのような画面が続きますが、次の画面に進むまで待ちます。

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

 

この画面が表示されたら、『同意する』をクリック。

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

 

このような画面が続きますが、次の画面に進むまで待ちます。

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

 

この画面で、『Windows 10 Proをインストール』、『個人用ファイルとアプリを引き継ぐ』にチェックがついていることを確認して、『インストール』

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

 

ここからようやくWindows10へのアップグレード(インストール)が開始されますが、かなり時間がかかるので、気長に待ちましょう。(1時間近くかかるかもしれないです)

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

 

何度かPCが再起動がかかった後に、最後はこのような画面になります。

これでWindows10へのアップグレードは完了です。

Windows7からWinodws10へ一番簡単にアップグレードする

Windows10へのアップグレードは時間の余裕がある時にする

以上で、一番簡単にWindows7からWindows10へアップグレードする方法を紹介しました。

一番簡単な方法と言っても、手間は少ないですが時間がかなりかかります。

『Windows10のインストーラのダウンロード』→『インストール』と時間がかかる処理があるため、アップグレードする時には余裕をもって4時間ぐらいは見ておいた方がいいかもしれません。