エクセルの作業効率がアップ!覚えておくべき時短ワザ(テクニック)

エクセルの作業効率がアップ!覚えておくべき時短ワザ(テクニック) Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルの作業効率をアップする方法として、代表的なのがショートカットキー

少ない操作でやりたいことができるのがショートカットキーのいいところ。

 

全ての機能がショートカットキーでできればいいんですが、そうはいかないものも沢山あります。

 

この記事では、ショートカットキー以外で作業効率を大きくアップする『時短技』を中心にまとめています。

ショートカットキーと同様に、時短につながる技(テクニック)となるので、作業するうえで必ず役に立つはず。

 

なお、おすすめのショートカットキーについては、次の記事でまとめているので、こちらもあわせて参考にしてください。

エクセルの作業効率アップのために覚えておくべきショートカットキー
Excelに限らず、Wordなどのオフィス製品もショートカットキーというのは作業効率アップのためには欠かせない小技です。 『あの人なんで、Excelの資料作るの早いんだろう?』って思ったことないですか? ショート...

 

エクセルの列幅、行高さを一発で揃える時短ワザ(時短テク)

セルに文字などを入力していくと、どうしても列の幅や行の高さを超えてはみ出る場合があります。

エクセルで文字が列幅、行高さを超えた場合に、一発で列幅、行高さを揃える方法

 

時短ワザを使うと、一発で列幅、行高さを文字にあわせて揃えることができます。

エクセルで文字が列幅、行高さを超えた場合に、一発で列幅、行高さを揃える方法

 

入力した文字にあわせて列幅、行高さを一発で揃える時短ワザ

  • 列と列の間(行と行の間)でマウスをダブルクリック

列幅、行高さを揃える時短ワザは、揃えたい列と右の列の間(揃えたい行と下の行の間)にマウスを置いてダブルクリックするだけ。

 

列の間や行の間にマウスを置くと、マウスが下の画像のような形になるので、この状態でダブルクリックします。(この形はドラッグで広げることができるサイン)

エクセルで文字が列幅、行高さを超えた場合に、一発で列幅、行高さを揃える方法

ダブルクリックすると、列の場合は左側の列が広がり、行の場合は上の行の幅が広がります。

 

ダブルクリックするだけで文字の幅(高さ)に揃えてくれるので、かなり便利な時短ワザ。

 

他には、複数の列・行を選択した状態でマウスで広げると、選択した列・行を全て同じ幅・高さで揃える時短ワザもあります。

列幅、行高さを揃える時短ワザの詳しい手順については、次の記事に書いているので参考にしてください。

エクセルのセル(列、行)の幅、高さを簡単に揃える方法(自動調整)
セルに文字を入力しすぎてセルの幅を超えた時に、セルの幅、高さを揃えたい(広げたい)ということがありますよね。 そんな時には、幅、高さを揃えてくれる『自動調整』を使ってみましょう。 今回は、自動調整の使い方とショー...