新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

Windows10へ簡単にアップグレードしたい!

Windows10へ簡単にアップグレードしたい! Windows10

Windows7は2020年1月14 日で、マイクロソフトからのサポートが終了しています。

Windows7がインストールされていたPCは、Windows10へのアップグレードが終わっているでしょうか。

もし、まだWindows10へのアップグレードが済んでいないようであれば、セキュリティなどの観点から早急にアップグレードすることをおすすめします。

今回は、僕が所有しているノートPC(Windows7 Professional)のWindows10へ簡単にアップグレードできた方法を紹介したいと思います。

今後、Windows7→Windows10へアップグレードする際の参考にしてください。

Windows10のライセンスをAmazonから安全に購入

Windows10へアップグレードするためには、そのための権利(ライセンス)が必要です。

今回は、AmazonからWindows10のライセンスを購入しました。

Windows10のライセンスは、オンラインで様々なショップからいろんな価格帯で販売されています。

ただし、正規のライセンス価格と比べてかなり安いものがありますが、ライセンスが承認されない不正なものもあるので気をつけた方がいいです。

そういうリスクを避けるためにも、正規品より3,000円安いぐらいですが、ここは安全にAmazonから販売されていた『オンラインコード版』を購入しました。

Amazonからオンラインコード版を購入

『オンラインコード』版というのは、購入後すぐにライセンスキーが確認できるもので、できるだけ早くWindows10へのアップグレードを実施したい場合や、パッケージ版(箱物)が不要な場合に適しています。

Amazonで購入したWindows10 Professional オンラインコード版

Amazonで購入したWindows10 Professionalの価格

2020.05.03現在、AmazonでWindows10 Professionalの『オンラインコード版』は、約25,300円ほどで買えました。

マイクロソフトが販売する価格だと28,000円ほどなので3,000円ほど安いです。

プロダクトキーを控える

カートに入れて注文を確定させると下のような画面に変わるので、『ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ』をクリックすると購入したライセンスのプロダクトキーが表示されます。

Amazonで購入したWindows10 Professional オンラインコード版のプロダクトキーを確認する

また、『アカウント&リスト』メニューの『ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ』からもプロダクトキーが確認できます。

Amazonで購入したWindows10 Professional オンラインコード版のプロダクトキーを確認する

プロダクトキーは、メモ帳に控えるか、紙に印刷して大事に保存しましょう。

インストールメディア不要でWindows10に簡単にアップグレードする

ライセンスの購入が完了したので、さっそくWindows10へアップグレードしてみます。

今回は、使っていたアプリやデータがそのまま残る(使える)ようにしたいので、クリーンインストールではなく上書きインストールを実行します。

アップグレードするためには、USBメモリやDVDにインストーラのイメージをコピーする方法が一般的です。

今回は、USBメモリやDVDが不要の『ISOファイルから直接アップグレードする』方法でアップグレードしてみました。

ISOファイルというのは、アップグレードインストラーのイメージファイル(圧縮ファイルのようなもの)のことです。

インストールイメージファイル(ISO)をダウンロードする

マイクロソフトのWindows10用のアップグレードサイトにアクセスします。

 

上記サイトにアクセスして、『ツールを今すぐダウンロード』をクリック。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

メディア作成ツールを保存するダイアログが表示されるので、適当なフォルダを指定して保存します。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

ダウンロードしたメディア作成ツールを選択して、右クリックから『管理者として実行』をクリック。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

『同意する』をクリック。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

『別のPCのインストールメディアを作成する、、、、』にチェックをつけて、『次へ』

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

言語、エディション、アーキテクチャが正しいものになっているか確認し、『このPCにおすすめのオプションを使う』のチェックを外して、『次へ』

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

『ISOファイル』にチェックをつけて、『次へ』

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

『ISOファイル』を保存するダイアログが開くので、適当なフォルダを指定して『保存』

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

しばらく待ちます。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

この画面が表示されると、『ISOファイル』のダウンロードが終わったので『完了』をクリック。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

 

指定のフォルダに『ISOファイル』が保存されていることを確認。

Windows10のアップグレード用ISOフィアルをダウンロードする

Windows10アップグレードインストーラを起動してアップグレード

前にも書きましたが、これから『上書きインストール』を実行します。

『上書きインストール』は、今使っているアプリケーションや個人データなどはそのままで、Windows10にアップグレードできます。

これからISOファイルをマウント(中身が見えるように展開)しますが、Windows7の場合は、専用のフリーソフトが必要です。
次の記事のWindows7の解説を参考にして、フリーソフトをあらかじめインストールしてください。

Windows8以降であれば、フリーソフトのインストールは必要ありません。

 

ダウンロードされたISOファイルをダブルクリックして、任意のドライブにマウントします。

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

すると、『ISOファイル』がVドライブ(この例の場合)にマウントされ、『ISOファイル』の中身が展開されます。

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

アップグレードインストーラ(setup.exe)をダブルクリック。

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

『次へ』

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

『同意する』

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

※『個人用ファイルとアプリを引き継ぐ』にチェックが入っていることを確認して、『インストール』をクリック。

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

インストールが始まります。

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

直撮りの画面キャプチャなのでわかりづらいですが、インストールの間は何回も再起動がかかります。

また、インストールが終わるまでにはかなり時間がかかるので、インストールは時間の余裕がある時に実行することをおすすめします。

ちなみに、今回インストールが終わるまでは約40分の時間がかかりました。

インストールが完了すると、諸々の設定をする画面に移りますが、ほぼ余計な機能ばかりなので、『位置情報』以外はすべて『いいえ』にしました。

アップグレードインストーラを起動してアップグレード

 

これで、Windows7 ProfessionalからWindows10 Professinalへのアップグレード(『上書きインストール』)が完了です。

あとは、アプリなどがきちんと動作するか確認して終わりです。

今回のアップグレードでは、Bluetooth通信によるマウスやヘッドホンは設定やり直しだったので、デバイスに関連する再設定は必須かもしれません。

 

以上ですが、ライセンスの購入からアップグレードが完了するまでは、半日程度時間をつぶす可能性もあるため、時間の余裕がある時にアップグレードすることをおすすめします!