新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルで書式設定をサッと表示できるショートカットキー

エクセルで必ず使うセルの書式設定を一発表示するショートカットキー Excel使いこなし(基本編)

エクセルで表を作る時には必ず罫線で囲みます。

また、入力した文字や数字を目立たせるために赤い色に設定したりすることもあります。

こういう場合には、『セルの書式設定』を使いますよね。

でも、マウスを使って『セルの書式設定』のダイアログを表示させようとすると、『セル選択』→『右クリック』→『セルの書式選択』という手順になるため、頻繁に『セルの書式設定』を使う場合はかなり面倒になってくるんですよね。

もし、より少ない手順で『セルの書式設定』ダイアログを表示することができれば、作業効率をアップすることができます。

今回は、『セルの書式設定』をたった一回の操作で表示させるショートカットキーを紹介します。

このショートカットキーは、今後もエクセルを使っていく場合には『必須のショートカットキー』と言っても過言ではないので、ぜひ覚えてしまいましょう!

『セルの書式設定』を一発で表示させる『CTR』+『1』

『セルの書式設定』を一回の操作で表示させるショートカットキーは『CTR』+『1』です。

『セルの書式設定』を表示させるショートカットキー

  • 『CTR』+『1』  ※テンキーの1ではNG

テンキーの『1』は使えないので、キーボードの『Q』の上にある『1』を押してください。

すると、下の画像のように『セルの書式設定』のダイアログが表示されます。

エクセルの『セルの書式設定』ダイアログ

ちなみに、この『セルの書式設定』のダイアログは、マウスを使わずに『ESC』キーで閉じることができます。

マウスでいちいちクリックして閉じるよりも簡単な、『ESC』キーを有効利用しましょう。

『セルの書式設定』はアクセスキーで表示させることもできる

さきほどのショートカットキーは、キーボードを一回押すだけで『セルの書式設定』ダイアログが表示されるのでかなり便利なんですが、他の方法でもキーボードだけで『セルの書式設定』を表示させることができます。

それは、アクセスキーを使った方法。

『セルの書式設定』を表示させるアクセスキー

  • 『ALT』→『H』→『FN』

アクセスキーというのは、『ALT』キーを押して、次に『H』を押して、というように、順番に押すことでリボンを押した時と同じ操作ができる、ショートカットキーだと思えばいいです。

上記ショートカットキーでは、キーボードを合計3回押す必要がありますが、それでもマウス操作よりは簡単に『セルの書式設定』を表示させることができます。

実際の手順は次の通り。

『ALT』を押すと、下のような画面になるので、『H』を押す
エクセルでセルの書式設定をALTキーから表示するショートカットキー

『FN』を押す(Fキーを押してNキーを押す)

エクセルでセルの書式設定をALTキーから表示するショートカットキー

これだけで、『セルの書式設定』ダイアログが表示されます。

『ALT』キーを押した時にリボンに表示されるアルファベットは何?

『ALT』キーを押すと、次のようにアルファベットや番号が表示されます。

エクセルでセルの書式設定をALTキーから表示するショートカットキー

この画面のアルファベットや番号は、『次に押せるキーボード』を意味しています。

この画面では、『F』を押すと『ファイル』タブに切り替わり、『H』を押すと『ホーム』タブに切り替わります。

『ALT』キーを使ったアクセスキーも、慣れたらショートカットキーと同じように素早く操作することができます。

エクセルで書式設定を表示できるショートカットキーのまとめ

エクセルで『セルの書式設定』を使わないということはほとんどないと思います。

それだけ頻繁に使われる機能なんですが、今回紹介したショートカットキーを上手に活用することで、作業効率が格段にアップします。

このショー化とキーの便利なところは、『CTR』+『1』を左手だけで押せることです。

実際に、僕もこのショートカットキーはかなり使います。

ショートカットキーは慣れてきたら、時短に繋がって作業効率もアップします。

なので、ショートカットキーを使えば使うほど、自分が楽になっていきますよ!

タイトルとURLをコピーしました