新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

セルの書式設定をショートカットキー一発で開く!

エクセルで必ず使うセルの書式設定を一発表示するショートカットキー Excel使いこなし(基本編)

エクセルでも頻繁によく使う『書式設定』を一発で表示させるショートカットキーを紹介します。

エクセルでは表を作成する時に罫線を引いたり、文字やセルの背景に色をつけることが非常に多いです。

そのたびに、リボンからたどって『書式設定』のダイアログを表示させるのは非常に効率が悪いので、ショートカットキー一発で出せると作業効率アップすることができますよ。

このショートカットキーは、エクセルのショートカットキーの中でも『必須のショートカットキー』と言っても過言ではないので、ぜひ覚えてしまいましょう!

『セルの書式設定』を一発で開くショートカットキー

セルの書式設定ダイアログを表示するショートカットキー

『セルの書式設定』を一発で表示させるショートカットキーは、『CTR』+『1』です。

ただし、テンキーの『1』は使えないので、注意してください。

 

すると、下の画像のように『セルの書式設定』ダイアログが表示されます。

エクセルの『セルの書式設定』ダイアログ

よく使う『セルの書式設定』のダイアログですが、閉じる時にはマウスを使うよりも、『ESC』キーで閉じることができます。

マウスでいちいちクリックして閉じるよりも、左手一本で押せる『ESC』キーを有効利用しましょう。

『セルの書式設定』はアクセスキーで表示させることもできる

さきほどのショートカットキーは、キーボードを一回押すだけで『セルの書式設定』ダイアログが表示されるのでかなり便利なんですが、他の方法でもキーボードだけで『セルの書式設定』を表示させることができます。

それは、アクセスキーを使った方法です。

『セルの書式設定』を表示させるアクセスキー

  • 『ALT』→『H』→『FN』

アクセスキーというのは、『ALT』キーを押して、次に『H』を押して、というように、『順番に押すことでリボンを押した時と同じ操作ができる』ショートカット操作だと思えばいいです。

『セルの書式設定』を開くアクセスキーの場合は、キーボードを合計3回押す必要がありますが、それでもマウス操作よりは簡単に『セルの書式設定』を表示させることができます。

実際の手順は次の通り。

『ALT』を押すと、下のような画面になるので、『H』を押す
エクセルでセルの書式設定をALTキーから表示するショートカットキー

『FN』を押す(Fキーを押してNキーを押す)

エクセルでセルの書式設定をALTキーから表示するショートカットキー

これで、『セルの書式設定』ダイアログが表示されます。

『セルの書式設定』を表示するショートカットのまとめ

エクセルで『セルの書式設定』を使わないということはほとんどないはずです。

それだけ頻繁に使われるダイアログなんですが、今回紹介したショートカットキーを上手に活用することで、作業効率が格段にアップします。

このショートカットキーの便利なところは、左手だけで押せることで、僕もこのショートカットキーはかなり使います。

ショートカットキーは慣れてきたら、時短に繋がって作業効率もアップするので、使えば使うほど、自分が楽になっていきますよ!