極限まで葬儀費用を安くするためには儀礼を省いた直葬しかありません


『直葬』とよばれる葬儀をご存知ですか?

通夜、葬儀・告別式という儀礼を取り除いた形式の葬儀なので、それらの儀礼にかかる費用が含まれないのでかなり安くなります。

最近では、この直葬を選択する遺族が多くなっているという調査結果もあるようです。

世の中にはどんな葬儀があるのか

葬儀というのは大きく分類すると、『一般葬』、『家族葬』、『直葬』に分かれます。

『一般葬』というのはその名の通り、最も一般的に執り行われる葬儀で、葬儀と言えば普通はこの一般葬のことをさします。

通夜、葬儀・告別式を盛大に執り行うことも多い葬儀で、資産家や著名な方の葬儀だと、葬儀費用に何千万円もかかることは珍しくないと聞きます。

次に、『家族葬』

これもその名の通り、ごく近い身内だけで執り行われる葬儀で、シンプルにすませるものです。

形式的には一般葬とあまり変わりはないですが、通夜や告別式は身内だけでしめやかに執り行われるもので、参列者を限定しているため葬儀費用は一般葬よりはかかりません。


最後に、『直葬』(火葬式とよばれることがあります)

冒頭でも書いたように、通夜、葬儀・告別式を排除した、言葉は悪いですが淡々と故人を送り出す葬儀になります。

当然ですが、葬儀費用はこの直葬が最も安くなります。

直葬にかかる葬儀費用はの相場は、ネットで調べた限り大体20万~30万円ぐらいとなっています。

本当に、お金がなくてどうしても葬儀にお金をかけられない場合や、参列者が極めて少ない場合は直葬を選択する遺族も多くなっています。

直葬を執り行う場合の流れ

実際に直葬はどのような流れで執り行われるのでしょうか。

簡単に、その流れを書き出してみます。

  • 遺体の搬送(病院などでご臨終を迎えた場合に、遺体を自宅に安置するための搬送)
  • 納棺(お棺に遺体をおさめる)
  • 出棺(お棺を搬出)
  • 火葬場にて火葬
  • 納骨(収骨)

このように、一般葬や、家族葬にある通夜、告別式の儀礼を排除しているため、極めてシンプルな葬儀といえます。

これに、故人とのお別れとして火葬場でお坊さんに読経してもらったり、簡単な焼香台を設ける場合もあるようです。

直葬といえども専門の葬儀社に頼らざらるを得ない

先ほどの流れを見ればわかるように、直葬は自分達(遺族)でやろうと思えばやれるものだと思います。

しかし、死亡した場合の行政の手続き(死亡届、火葬許可)や、遺体の扱い(納棺やドライアイスの手配)など、どうしても専門家じゃないと難しい対応があります。

特に、遺体の扱いというのは、一般の人で経験がある人なんていないはずです。


エンバーミングとよばれる遺体をきれいに保存するため技術(ドライアイス、防腐剤の手配、アルコール清拭など)、遺体に死化粧などをして綺麗な顔にしてあげる。

こういうことは誰にも経験がないわけです。

だから、納棺師のような専門の人の手が必要になってくるわけで、結局いくらシンプルな直葬といえでも、やはり葬儀社のお世話になるしかありません。

ただ、最近の葬儀社も年々葬儀費用が下がっている世の中の現状から、直葬に対応しているところも多く、家族葬などと較べても葬儀費用は確実に安くなるのが一般的です。


いくら自分達でできそうな直葬といっても、ここはプロの葬儀社におまかせするのが一番安心できるのではないでしょうか。


気をつけたいのは、安い直葬でも良心的な葬儀費用で、明確な見積りを提示する葬儀社選びが非常に重要になってくるということです。


葬儀社に直葬を希望したり、できるだけ費用を抑える葬儀を希望すると、態度が変わる葬儀社もあるようなので、注意が必要です。

直葬で気をつけたいこと

できるだけ安い費用ですませられる直葬ですが、遺体を運んで火葬するだけの葬儀なので、故人とのお別れの時間がほとんどないことが多いです。

『あの時、最後の言葉だけでもかければよかった』とならないように、せめて、焼香台をもうけてお別れの場を作ることを考えた方がいいかもしれません。


直葬で気をつけたい他の点として、葬祭費給付金があります。

故人が国民健康保険に加入していた場合は、お住まいの市役所、区役所から葬祭費給付金が支払われます。

しかし、直葬の場合は埋葬にあたらないという理由で支給が拒否されるという話も聞くので、国民健康保険に加入している場合は事前に行政の方に確認した方がいいでしょう。


最後に、親しい人や親戚などから『なんで直葬なんかにしたんだ』というクレームがあるかもしれないことは、覚悟した方がいいと思います。

葬儀費用が安いという理由で選択する直葬の意義

直葬は確かに、一番費用を安くすることができる方法です。

しかし、通夜、葬儀・告別式を全て省略した直葬は、本当に故人にとっていいのかという点では悩むところだと思います。


お金がどうしても捻出できない、世間との付き合いがなく参列者がほとんどいない場合は、直葬という選択肢もありかもしれません。


全国の葬儀業者を対象とした調査では、関東地方などの都会では葬儀の20%が直葬であるという調査結果もあります。

直葬を選択する一番の理由は、やはり経済的に負担がかかるからだと思います。

また、都会特有の近所付き合いの希薄さや人間関係が薄くなっていることも直葬を選択する理由じゃないでしょうか。


費用をできるだけ安くするために直葬を選択するにしても、あとで後悔することがないように直葬の意義について真剣に考えてください。