エクセルでセル内の文字を改行する方法(好きな位置で改行したい)

エクセルでセル内の文字を改行する方法(好きな位置で改行したい) Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルのセルの幅は自分で広げない限り決まっています。

そんなセルの中に長い文章を入力すると、セルからはみ出て隣のセルにかぶさってしまう。

隣のセルにはみ出ないように、文章の途中でEnterキー(改行)を押しても改行してくれない。

こんな時には、自分の好きな位置で改行できる『ALTキー』を使います。

今回は、セル内の長い文字列をALTキーで改行する方法を紹介します。

エクセルのセルに入力した長い文字列を改行できるのは『ALT+Enterキー』

Enterキーというのは『改行』するキーなんですが、エクセルの場合はセルの中でEnterキーを押すだけだと、次のセルに移動するだけです。

カーソルが移動するだけで、Enterキーを入力した位置で文字列を改行するわけではありません。

では、セルに入力した長い文字列を途中で改行したい場合は?

答えは、Enterキーではなく、『ALT+Enter』です。

つまり、ALTキーを押しがならEnterキーを押す。

これだけです。

実際にやってみたのが次の動画。

Excelのセルに入力した長い文字列を途中で改行する方法

動画のように、一旦セルの幅を最大に広げてALT+Enterキーで改行を入力すると、あとでセル幅の調整がやりやすくなりますよ。

エクセルでセル内の文字を改行する方法のまとめ

長い文字列の途中で改行する方法を紹介しました。

エクセルを使い始めて、最初の段階でつまずく問題の1つに『文字列の途中で改行できない』というものがあります。

最初は『なんで改行してくれないの?』と、戸惑うかもしれませんが、Enterキー役割を理解すればそんなに難しいこともないです。

セル内改行がALT+Enterキーであることは、Excelを使ううえでは『基本中の基本』なので、絶対に覚えるべき操作だといえます。

だから、頭で考えなくても自然に手が『ALT+Enterキー』を押すようになるまで繰り返し覚えていきましょう。

ALT+Enterキーは、Excelの操作の中でも必須の基本操作です。

 

コメント