エクセルの切り上げ関数(計算式)は桁数指定がポイント!

エクセルの切り上げ関数(計算式)は桁数指定がポイント! 関数

エクセルは表計算ソフトなので、計算に欠かすことができない切り上げ/切り下げ/四捨五入の関数があらかじめ用意されています。

それぞれ使い方は簡単で、切り上げを例にとると『切り上げたい数値』と『どの位置で切り下げる』のかを指定するだけです。

ただ、『どの位置で切り下げる』のかを指定する桁数がちょっとだけ特殊なので、今回は『切り上げ関数』の使い方を紹介したいと思います。

切り上げ関数(ROUNDUP)の書式設定

冒頭でも書いたように、書式は難しくなく、数値と切り上げる位置(桁数)を指定するだけです。

=ROUNDUP(数値、桁数)

ということで、さっそく例をあげながら解説します。

ROUNDUP関数で小数点以下を切り上げる

切り上げる前の値が『12345.6789』だったとします。

この値を、小数点第1位で切り下げ、小数点第2位で切り下げ、3位で切り下げ、4位で切り下げ、というように、4つのパターンで切り下げた結果が、次の図です。ROUNDUP関数で小数点以下を切り下げる

ROUNDUP関数の2番めの引数(桁数)には、小数点第1位が『0』となり、小数点第2位が『1』となります。

ROUNDUP関数で整数部を切り上げる

次に、整数の部分の切り上げです。

こちらも『12345.6789』を例に解説します。

1の位、10の位、1000の位のパターンで切り上げた場合が次の画像です。

ROUNDUP関数で整数部を切り下げる

ROUNDUP関数の2番めの引数(桁数)には、1の位の時に『-1』、10の位の時に『-2』となります。

切り上げ関数(ROUNDUP)の桁数指定のポイント

ここまで見てわかるように、桁数指定の正、負の指定が整数部と小数部で逆じゃないの?と思った人がいるんじゃないでしょうか。

僕もそう思ってました。

整数部が正で、小数点以下が負だと桁数もすんなり覚えることができるんですけどね^^

ともかく、エクセルの仕様なのでしょうがいないので、整数部の切り上げの位置を指定する場合は『負』(マイナス)、小数点以下の桁数は『正』とおぼえましょう。

ROUNDUP関数の桁数指定

よく使う1000円単位での切り上げ

さきほどの桁数の仕様をふまえて、よく使う1000円単位で切り上げる場合は、次のように書きます。

1000円単位で切り上げ

=ROUNDUP(12345, -4)  → 20000

ポイント

ポイント

  • 切り上げたい位置の桁数を指定する場合は、整数部と小数部で正、負が逆にならないように気をつける。

今回は、切り上げの使い方を紹介しましたが、エクセルには切り下げや四捨五入の関数ももちろん用意されています。

特に消費税の計算では切り下げを使うことが多いですが、使い方を間違えると消費税の計算があわなくなるので、注意してください。

次の記事では、消費税の計算について詳しく書いています。

ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました