Windows10のKB4501835をインストールできました

Windows10のKB4501835はダウンロードして適用する 元号

Windows10最新バージョン(1809)用の令和対応も含めたパッチ『KB4495667』が5/4に公開されました。

『KB4495667』はWindowsUpdateによりインストール可能であり、令和対応以外の不具合対応も含まれています。

したがって、Windows10の令和パッチは、この記事で紹介しているオフラインインストールよりもWidowsUpdateによるインストールを推奨します。

なお、WindowsUpdateは自動、手動のどちらでも可能です。

自動によるWindowsUpdateについては、こちらの記事を参考にしてください。

手動のWindowsUpdateはこちら記事からどうぞ。

これより以下は、推奨しない令和対応パッチのインストール方法なので、参考程度に読んでください。

最後まで公開されていなかったWindows10最新バージョン(1809)の令和対応パッチがやっと5/2に公開されました。

ただ、このパッチは他の令和対応パッチと違い、手動のWindowsUpdateでもインストールできません。(インストール対象のパッチとして表示されない)

結局、手動もしくは自動のWindowsUpdateでこのパッチがインストールできるようになるにはまだ時間がかかりそうです。

ただし、すぐにでも『KB4501835』をインストールしたい場合は、パッチをダウンロードしてインストールする方法があります。(スタンドアローンインストーラーとしてインストール)

今回は、『KB4501835』をダウンロード→インストールすることで、Windowsの時計の和暦表示が『令和』となったことを確認できたので、その方法を紹介したいと思います。

Windows10(1809)の令和パッチ『KB4501835』をインストールする

KB4501835はWindowsUpdateではインストールできない(5/3現在)

Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチ『KB4501835』は、他のバージョンのパッチと異なり、WindowsUpdateを使わずにパッチをダウンロードしてインストールします。

つまり、今のところWindowsUpdateではインストールできません。

そのうち、WindowsUpdateでインストールできるようになると思うんですけどね^^

KB4501835(スタンドアローンインストーラー)をダウンロードしてインストールする

では、Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチ『KB4501835』をインストールする方法です。

マイクロソフトの『Microsoft Update カタログ』にアクセスし、検索ボックスにパッチ番号『KB4501835』を入力して『Enter』キーを押します。

KB4501835ダウンロードサイト  Microsoft Update カタログ

Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

 

次のように、検索結果にパッチ番号『KB4501835』の一覧が表示されます。

パッチは32bit版、64bit版それぞれ用意されているので、使っているWinodws10にあわせて、パッチの『ダウンロード』ボタンをクリックしてください。

Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

Windows10が32bit版なのか、64bit版なのか、わからない場合

後述の『Windows10が32bit版か64bit版か調べる方法』を参考にして確認してください。

『ダウンロード』ボタンをクリックすると、次の画面になるのでパッチのリンクをクリックして、PCの適当なフォルダにダウンロードします。Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

 

ダウンロードしたパッチ(スタンドアローンインストーラー)をダブルクリックして、インストールを実行します。

Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

 

インストールの確認ダイアログが表示されるので、『はい』をクリック。
Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

 

インストールが始まるので完了するまで待ちます(ちょっと時間がかかります)
Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

『今すぐ再起動』をクリック。

PCが再起動されたらWindowsが令和対応になります。
Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

 

パッチをインストールした後のWindowsの時計(和暦表示)を見ると、ちゃんと『令和』になっていることがわかります。
Windows10の令和パッチのKB4501835を適用して時計の和暦表示が令和となった

 

こちらは和暦変換用のレジストリで、20190501の令和用のレジストリが追加されていることがわかります。
Windows10最新バージョン(1809)の令和パッチのKB4501835をダウンロードして適用する

実際に、エクセルを開いて『2019/5/1』の和暦が『令和』で表示されることを確認しました。

エクセルが令和対応になっているかどうかは、次の記事の『エクセルが新元号(令和)対応となっているか簡単に確認する方法』を参考にして確認してください。

Windows10のバージョンが『1809』なのか確認する方法

Windows10のバージョンは次の方法で確認できます。

まず、『Windows』キー+『R』を押します。

レジストリエディタのショートカットキー

 

『ファイル名を指定して実行』ダイアログの名前に『cmd』を入力して『OK』(cmdはコマンドプロンプトを表示させるコマンド)

Windowsのバージョンを確認する

 

コマンドプロンプトの画面で、『winver』と入力して『Enter』キー。

Windowsのバージョンを確認する

 

次の『Windowsのバージョン情報』ダイアログが表示されるので、バージョンのところに『1809』と表示されるか確認してください。

Windows10でWindowsUpdateを実行して令和対応にする

もし、バージョンが『1809』でない場合は、そのバージョンに対応したパッチをインストールする必要があります。

Windows10の令和対応パッチ番号

  • バージョン1809 → 『KB4495667』(5/4に公開されました)
  • バージョン1803 → 『KB4493437』
  • バージョン1709 → 『KB4493440』
  • バージョン1703 → 『KB4493436』
  • バージョン1607 → 『KB4493473』

Windows10が32bit版か64bit版か調べる方法

Windows10が32bit版なのか64bit版なのかを調べる方法です。

ちなみに、他のWindowsでも同じ方法で調べることが可能。

『Windows』キー+『E』のショートカットキーを押して、エクスプローラを表示させます。

エクスプローラーを表示させるショートカットキー

 

エクスプローラが表示されるので、『PC』(または、コンピューター)にマウスを乗せて右クリックし(①)、表示されるメニューから『プロパティ』を選択。

Windows10が32bit版か64bit版か調べる方法

 

『システム』ダイアログが表示されるので、『システムの種類』のところで32bit版か64bit版かを確認することができます。

令和対応パッチは、『システムの種類』に一致しているものをインストールしてください。

タイトルとURLをコピーしました