Windowsの時計が令和で表示されることを確認できました

Windowsの時計が令和で表示されることを確認できました 元号

5/1になって、いよいよ『令和』の時代が始まりました。

5/1になった途端、令和対応のWindowsの時計が『令和』と表示されたので、ちょっとほっとしています。

Windowsの令和対応については、ここで紹介している時計の和暦表示で確認することができます。

この記事の内容

  • Windows7の時計(和暦表示の結果)
  • Windows8.1の時計(和暦表示の結果)
  • Windows10(1809)の時計(和暦表示の結果)
  • 時計を和暦表示させる方法

Windows7(令和パッチKB4493453)の時計が令和で表示されました

まずはWindows7の時計です。

5/1の0:00になった途端、和暦の表示が『令和』となりました。

令和になった時のWindows7の時計

本当は、5/1になっても平成のままなんじゃないかと疑心暗鬼でしたが、『令和』の表示になったのでちょっとほっとしてます^^

ちなみに、Windows7の令和対応パッチ『KB4493453』をインストール済み。

Windows8.1(令和パッチKB4493443)の時計が令和で表示されました

続いては、Windows8.1の時計。

こちらも無事、時計が『令和』の表示になりました。

令和になった時のWindows8.1の時計

Windows8.1は普段はあまり使わないんですが、よく見たら時計はWindows7とほとんど同じなんですね。

こちらも、Windows8.1の令和対応パッチ『KB4493443』をインストール済み。(パッチ番号がWindows7と似ていて紛らわしい)

Windows10(令和パッチKB4495667)の時計が令和で表示されました

2019/5/4 修正)

Windows10最新バージョン(1809)の令和対応以外の不具合対応を含む累積パッチ『KB4495667』が、5/4に公開されました。

1809より古いバージョンの令和対応は、環境がないため未確認。

Windows10の令和パッチのKB4501835を適用して時計の和暦表示が令和となった

ちなみに、Windows10にはこれだけのバージョンがあります。

Windows10の令和対応パッチ番号

  • バージョン1809 → 『KB4495667』(5/4に公開されました)
  • バージョン1803 → 『KB4493437』
  • バージョン1709 → 『KB4493440』
  • バージョン1703 → 『KB4493436』
  • バージョン1607 → 『KB4493473』

ちなみに、Windows10のバージョンを確認する方法は、次の記事の『手動で令和対応パッチを適用してみる(Windows10編)』に書いています。参考までにどうぞ。

また、手動でWindowsの令和対応パッチをインストールする方法も上記記事に書いています。

まだ令和対応パッチをインストールしていない場合は、参考にしてください。

Windowsの時計を和暦表示させる方法

Windowsの時計は標準では西暦なので、本当に『令和』になったかどうかは西暦のままでは確認できません。

時計を和暦表示にする方法は、次の記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました