GoogleやMicrosoftの日本語入力で令和を一発変換する

Googleの日本語入力で令和を一発変換できるようにする 元号

皆が読んでいる! よく読まれている人気記事一覧

これは知らなかった!? 意外と知らないミニTips集

5/1から『令和』に切り替わることで、エクセルの日付も『令和』を使うことが多くなります。

そのため、日本語入力で『れいわ』と入力した時に、一発で『令和』の文字が候補に出てくると作業もしやすいですよね。

でも、使っている日本語入力により、一発で『令和』が表示されるものと、表示されないものがあるんです。

ほぼ何もしないでも『れいわ』の候補に『令和』と表示されるのが、マイクロソフトの日本語入力(Microsoft IME)

逆に、『令和』の候補が出ないので単語登録が必要となるのがGoogleの日本語入力。

ここでは、Googleの日本語入力で『令和』の単語登録をする方法を紹介します。

また、WindowsとOfficeの組み合わせにより、マイクロソフトの日本語入力でも『令和』の候補が出ない場合があるので、こちらも単語登録の方法について紹介します。

Googleの日本語入力は『令和」の単語登録が必要

今使っているWindowsに、Googleの日本語入力がインストールされているかは、タスクバーのアイコンを確認すればわかります。

下の画面のように、Googleの日本語入力の青いアイコン(赤枠部分)が表示されているとGoogleの日本語入力がインストール済みです。

そして、そのアイコンをクリックすると『Google 日本語入力』にチェックがついていることから、Officeの日本語入力(Office IME)よりGoogleの日本語入力が優先して使用されていることがわかります。

Googleの日本語入力で令和を一発変換できるようにする

僕はメインのPCではGoogleの日本語入力を使っています。

Googleの日本語入力は何もしなくても、そのうち『令和』と変換されるようになるのかと思っていたら、いつまでたってもならないんですよね^^

下の画像が『令和』と変換されないGoogleの日本語入力です。

Googleの日本語入力で令和を一発変換できるようにする

さすがに一発で『令和』と変換されないのは入力していてもストレスがたまるので、『令和』を単語登録してみました。

 

タスクバーにあるスパナのアイコンをクリックすると、メニューが表示されるので『単語登録』を選択。

Googleの日本語入力で令和を一発変換できるようにする

 

単語に『令和』、よみに『れいわ』と入力して、『OK』をクリック。

Googleの日本語入力で令和を一発変換できるようにする

 

そして、『れいわ』と入力してスペースキーで変換させると、一発で『令和』が表示されようになり、これでストレスも解消されます^^

Googleの日本語入力で令和を一発変換できるようにする

普段からGoogleの日本語入力を使っている人は、単語登録を試してみてください。

マイクロソフトの日本語入力(IME)は何もしなくても『令和』に変換できる

Googleの日本語入力と違って、以外と優秀だったのがマイクロソフトの日本語入力(IME)

ネットの情報などを確認すると、4/1に元号が『令和』と決まってからすぐに『れいわ』→『令和』への変換ができたそうです。

遅ればせながら、僕もWindows8.1+マイクロソフトの日本語入力(Microsoft IME 2012、バージョン15.0)の環境で『れいわ』の変換について確認してみました。

Microsoft IME 2012

 

入力してみると、一発で『令和』が表示されることが確認できます。

Microsoft IME 2012の『令和』変換

 

こちらは同じく、Windows10でのマイクロソフト日本語入力(Microsoft IME 2012)の『令和』変換です。こちらもOKですね。

Microsoft IME 2012の『令和』変換

環境によってはマイクロソフトの日本語入力でも『令和』に変換できない

マイクロソフトの日本語入力では一発で『令和』に変換できると書きましたが、実はWindowsとOfficeの組み合わによっては、『令和』に変換できないことがあります。

結論から書くと、Office2010などのOfficeの日本語入力(Microsoft Office IME 2010など)を使っている場合には『令和』に変換できません。

ネットで確認すると、Office IME 2010で『令和』に変換できた人もいたようですけど、できない人も多く、少なくとも僕の環境(Windows7+Office2010)ではできませんでした。

Office IME 2010

Office IME 2010の『令和』変換

 

変換できないものはしょうがないので、Office2010の日本語入力で単語登録してみました。

タスクバーにある『ツールボック』のアイコンをクリックし、『単語の登録』を選択。

Office IME 2010の単語登録

 

単語に『令和』、よみに『れいわ』を入力して、そのまま『登録』をクリック。

Office IME 2010の単語登録

 

これで、一発で『令和』に変換できるようになります。

Office IME 2010の単語登録

 

Windows8.1やWindows10の日本語入力の環境で『令和』の単語登録が必要になった人は、同じようにできます。

タスクバーの『A』(または『あ』)のところで、クリックして『単語の登録』を選択。

Microsoft IME 2012の単語登録

あとは、先に紹介した方法と同じです。

まとめ

まとめ

  • マイクロソフトの日本語入力(Microsoft IME 2012)を使っている場合には、何もしなくても『れいわ』→『令和』に変換できる。
  • Googleの日本語入力は『令和』に変換できないので、単語登録が必要。
  • マイクロソフトの日本語入力がOffice2010(Microsoft Office IME 2010)などの古いバージョンの場合は、単語登録が必要な場合がある。

WindowsとOfficeの組み合わせによっては、『令和』と変換できたりできない場合もあります。

使っている日本語入力を試してみて『令和』が変換できない場合は、単語登録をしてみましょう。

これからは『令和』と入力する場面が必ず増えるので、一発で『令和』に変換できることは作業効率を考えると必須といえますよ^^

タイトルとURLをコピーしました