読めなくしたい!エクセルのパスワード設定と変更、解除

保護

売上管理表や予算表など、取り扱い注意のエクセルファイルを関係者しか見せたくない場合があります。

そんな時に、見せたくないエクセルファイルにパスワードを設定することで、誰にでも見られないようにすることができます。

ここでは、エクセルファイルを読めないようにする『パスワード設定』の方法を2つ紹介します。

この記事の内容

  • 読めないようにする2つのパスワード設定の方法。
  • 設定したパスワードの解除。
  • パスワードの変更。

『ブックの保護』でパスワードを設定して読めないようにする

1つ目のパスワード設定の方法は、『ブックの保護』からパスワードを設定します。

まず、パスワード設定したいエクセルファイルを開き、『ファイル』(①)→『情報』(②)→『ブックの保護』→『パスワードを使用して暗号化』を選択。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

すると、パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力し、次の画面でもパスワードを再度入力します。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

パスワードを設定すると、次のように『アクセス許可』という表示になり、エクセルファイルを開く時にパスワードが必要になったことを示します。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

このエクセルを保存します。(保存しないとパスワード設定も保存されません)

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

パスワード設定したエクセルファイルを開き直すと、パスワード入力ダイアログが表示され、パスワードを入力しない限りエクセルファイルが読めない状態となります。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

そして、入力したパスワードが正しい場合にはエクセルファイルが読めるようになります。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

『ブックの保護』で設定したパスワードを解除する

パスワードの解除はパスワード設定と同じ手順で進み、設定したパスワードを削除すればパスワードが解除されます。

『ファイル』(①)→『情報』(②)→『ブックの保護』→『パスワードを使用して暗号化』を選択。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

設定していたパスワードを削除。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

すると、誰でもアクセスできる状態になります。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

『ブックの保護』で設定したパスワードを変更する

パスワードの変更は、パスワードの設定と同じ手順で変更することができます。(パスワードの再設定)

手順については、『ブックの保護』でパスワードを設定して読めないようにする』を参考にしてください。

『名前をつけて保存』から読み取り用のパスワードを設定する

もう一つのパスワード設定の方法です。

こちらもパスワード設定したいエクセルを開きます。

そして『F12』キーを押して、『名前をつけて保存』ダイアログを表示させ、右下にある『ツール』から『全般オプション』を選択。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力し、次の画面でもパスワードを再度入力します。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

エクセルファイルを保存した後、再度開くとパスワード入力画面が表示され、パスワードが一致しないとエクセルファイルを読み取ることができません。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

『名前をつけて保存』から書き込み用のパスワードを設定する

さきほどは、エクセルを読むためのパスワード設定でしたが、書き込むためのパスワード設定も同じようにできます。

手順は読み取り用のパスワードと同じで、今度は『書き込みパスワード』にパスワードを入力します。(次の画面でパスワードを再入力)

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

エクセルを保存して再度エクセルファイルを開くと、次のようなパスワード入力画面が表示されるので、書き込み用のパスワードを入力して『OK』を押します。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

これで、開いたエクセルファイルに対して編集することができるようになりました。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

パスワード入力ダイアログでは書き込み用パスワードを入力しなくても、エクセルファイルを開くことはできます。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

このように、エクセルファイルを読むことはできます。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

ただし、読み取り専用で開いているので当然書き込みはできません。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

『見せるのはいいけど、編集されちゃ困る』という場合に、書き込み用のパスワードを設定すればいいですね。

『名前をつけて保存』で設定したパスワードの解除と変更

パスワード設定と同じ手順で進み、設定したパスワードを削除すればパスワードが解除されます。

既に設定されているパスワードを削除すればOKです。

エクセルのパスワード設定と変更、解除

 

同様に同じパスワード入力画面で、違うパスワードを設定すればパスワードを変更することができます。

まとめ

まとめ

  • エクセルを読ませたくない場合にはパスワードを設定する。
  • パスワード設定は、『ブックの保護』か『名前をつけて保存』からできる。
  • 『名前をつけて保存』では書き込み用のパスワード設定もできる。

大事な資料など見せたくないものは、パスワードを設定して保護するようにしましょう。

ただし、設定したパスワードを忘れないようにしてください。

 

一部のセルを編集させたくない場合や、シートを編集させたくない場合はこちらの記事が参考になります。

 

タイトルとURLをコピーしました