新元号で対応したい!エクセルで1年を『元年』と表示させる方法

新元号になったら!エクセルで1年を『元年』と表示させる方法 元号

いよいよ5/1から新元号に切り替り、今年は新元号の『元年』となります。

エクセルで西暦から和暦に変換すると、『昭和58年』とか『平成12年』などとなるわけですが、元年の場合は『平成1年』というように『元年』ではなく『1年』に変換されます。

別に間違いでもなく正しい表示なんです。

だから、決しておかしくはない^^

でもやっぱり『元年』の方がしっくりくるんじゃないでしょうか。

そんな人のため、エクセルで『1年』を『元年』と表示させる方法を、『セルの書式設定』で紹介します。

エクセルは元号の最初の年を元年と表示(変換)しない

冒頭もで書いたように、エクセルでは元号の最初の年を『元年』と表示(変換)せずに、そのまま『1年』と表示します。

 

下の表の通りで、『平成』も、新元号の『結衣』も『1年』と表示されます。

ここでは、例として2019/05/01からの新元号が『結衣』と表示されるように、Windowsのレジストリに新元号の情報を追加しています。

ちなみに、『結衣』は某女優さんの名前^^

エクセルは元号の最初の年を元年と表示しない

正式な新元号用のパッチを適用したら、実際には本当の『新元号』が表示されるはずです。

 

新元号情報のレジストリ追加については、次の記事でその方法を紹介しているので、興味がある人はどうぞ。

この記事の、『エクセルはレジストリを使って西暦を新元号に変換する』にその方法を書いています。

まずはお試しの新元号で確認したいという場合には、使える方法だと思います。

セルの書式設定で新元号の1年を元年で表示させてみる

さっそく、『セルの書式設定』で『元年』を表示させる方法です。

 

下のエクセルの和暦の赤枠の部分を、今から『元年』表示させます。

エクセルの書式設定で元号の元年を表示させる方法

ちなみに、この和暦の部分は左の西暦の日付をコピーして、以下の書式設定で和暦表示になっていることを前提としています。

エクセルの書式設定で元号の元年を表示させる方法

 

では、手順です。

以下の和暦を選択し、ショートカットキー『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)で『セルの書式設定』ダイアログを表示。(マウス右クリックメニューからも可)

エクセルの書式設定で元号の元年を表示させる方法

 

『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)

セルの書式設定ダイアログを表示するショートカットキー

 

『セルの書式設定』ダイアログが表示されるので、種類(赤枠部分)に次の書式を入力します。

[<=43585]ggge”年”m”月”d”日”;[>=43831]ggge”年”m”月”d”日”;ggg”元年”m”月”d”日”

エクセルの書式設定で元号の元年を表示させる方法

 

これで、次のように『1年』が『元年』と表示されるようになります。

エクセルの書式設定で元号の元年を表示させる方法

元年を表示させるための書式の解説

なにやら、長い書式を入力することで無事『元年』と表示されるようになりましたが、どんな書式なのかを解説します。

エクセルの書式設定で元号の元年を表示させる方法

この書式は、①、②、③の3つ部分から構成。

 

まず、そのセルの日付が①の『<=43585』の条件を満たす場合は、そのまま直後の『ggge”年”m”月”d”日”』の書式に従った表示をします。

①の条件を満たしていなくて②の条件[>=43831]を満たしていたら、②の書式『ggge”年”m”月”d”日”』に従った表示。

①も②も満たしていない場合は、③の書式『ggg”元年”m”月”d”日”』の表示。

というように、①、②のいずれかの条件を満たしたらそれぞれの書式に従った表示を行い、どちらの条件も満たさない場合は、③の書式の表示を行うという意味になります。

ちょっとわかってきましたね^^

 

①の条件の『<=43585』は『2019/4/30以下だったら』という意味になります。

43585は、2019/4/30という日付のシリアル値(日付用の数値)を表しています。

つまり、シリアル値の『43585』は日付の『2019/4/30』のことで、この条件は『平成最後の日以前か?』という意味です。

 

日付がシリアル値とかよくわからないですよね^^

エクセルでよくつまづくのが、日付とシリアル値の関係です。

次の記事に、シリアル値についてわかりやすい解説を書いているので、この機会にわかりづらいシリアル値について理解を深めてください。

 

元に戻って、①の条件がYesだったら、この日付は『ggge”年”m”月”d”日”』の書式で日付を表示。※gggeなどの書式は後の方で詳細に解説します。

 

同様に、②は43831が2020/1/1となるので、『2020/1/1以降だったら』(新元号2年以降だったら)という条件です。

Yesだった場合は、『ggge”年”m”月”d”日”』の書式で表示。

 

最後の③は、①も②も満たさないので、『平成最後の日以前』でもなく、『新元号2年以降』でもない。

つまり、最後は新元号の元年の場合となり、表示書式は『ggg”元年”m”月”d”日”』です。

なので、書式に”元年”という文字がありますね。

日付のユーザー定義表示書式(表示形式)

①~③にgggeなどのよくわからない記号が登場してきたので、書式についても詳しく解説します。

和暦の表示書式
記号意味(例)
g元号をアルファベット1文字で表示。昭和の『S』、平成の『H』など。
gg元号を漢字1文字で表示。昭和の『昭』、平成の『平』など。
ggg元号をそのまま漢字2文字で表示。『昭和』、『平成』など。
e年を和暦で表示。平成31年だったら『31』など。

他には、『m』は月の書式、『d』は日の書式などがあります。

 

これをふまえて、

①、②の『ggge”年”m”月”d”日”』は

『平成31年4月30日』となり、

③の『ggg”元年”m”月”d”日”』は

『結衣元年5月1日』というように変換されます。

 

③の書式ではe(年の和暦表示)がない代わりに”元年”となっていることで、『元年』の表示ができるようになっています。

まとめ

元号の最初の年は『1年』という表記でも間違いではないです。

でも、日本人としてはやっぱり『元年』の方がなんかしっくりきますよね^^

エクセルはさすがにそこまで気を使って作られていないので、『1年』を『元年』に変換する処理が必要となりますが、ここで紹介したような方法を利用することで対応できます。

お勤め先では、もしかして『元年』表示が暗黙的なルールとなっているかもしれません。

今年はその『元年』にあたります。

さっそく、ここで紹介した方法で『元年変換』に挑戦してみましょう!