エクセルのファイル(ブック)にパスワードで保護をして読めなくする方法

スポンサーリンク

エクセルで作る資料はお金に関連するものが多いです。

お金に限らず関係者以外には知られたくない情報があったりしますが、エクセルには万が一のことを考えてファイルが第三者に渡っても、ファイルを読めない(開けない)方法が用意されています。

『ブックの保護』という機能で、パスワードをかけることでパスワードを知っている関係者以外はファイルを読むことはできません。

その『ブックの保護』の方法と、保護を解除する方法を紹介します。

エクセルのファイル(ブック)にパスワード保護をかけて、パスワードを入力しないと読めないようにする方法

さっそく、パスワード保護の手順を解説。

今から解説するのは、Excel2010です。
Excel2016の場合とは手順が多少異なるので注意してください。

 

まずは、エクセルを開き、リボンのタブ『ファイル』を選択し、『ブックの保護』にある『パスワードを仕様して暗号化』を選択。

ブックにパスワード保護をかける方法

今の状態は、青枠で囲まれているところを見ればわかるように、誰でもこのブックに『誰でも読み/書き』できる状態になっています。

 

『パスワードを仕様して暗号化』を選択すると、パスワードを入力する画面になるので、好きなパスワードを入力。

パスワード保護するためのパスワード入力

 

間違ったパスワードを入力していないか確認するために、再度パスワードを入力。

パスワード保護するためのパスワード再入力

 

パスワードを間違うと、こんな画面が表示されます。再度正しいパスワードを入力してください。

間違ったパスワードを入力した場合

 

忘れやすいパスワードなどを設定すると、二度と開けなくなる危険性があるので、パスワードには十分注意しましょう。

 

以上で、パスワード保護の設定は終わりです。

 

画面を確認すると、『誰でも読み/書きできた』ブックが、パスワード入力が必要な状態に切り替わったことがわかります。

ブックにパスワード保護がかかった状態

 

あとは、右上の『☓』マークを押して保存するか、『ESC』キーで画面を切り替えて『CTRL] +『S』で保存します。

パスワード保護をかけたので、保存する

最後に保存しないと、パスワード保護はかからないので必ず保存してください。

パスワード保護がかかっているブックの開き方

パスワード保護をかけたブックを開くのは、パスワードを入力するだけです。

エクセルを開くと、パスワード入力のダイアログが表示されるので、パスワードを入力。

パスワード保護がかかったエクセルを開いた場合

 

間違ったパスワードを入力すると、次のようにシートが何もないブックになりますが、その場合は再度開き直してください。

パスワードを間違って入力した

パスワード保護を解除する方法

逆にパスワード保護を解除する方法ですが、解除のメニューがどこにもないので、一瞬『解除できないのか?』と思うかもしれません。

 

解除する場合も、パスワード保護をした時と同じ手順で進めます。

違いは『パスワード入力画面でパスワードを取り除くこと』

 

『あれ?じゃ誰でもパスワード保護解除できるんじゃ?』と思いませんか?

 

よく考えてください。

パスワード保護の画面に進むには、正しいパスワードを入力する必要があります。

つまり、『パスワードを知らない人しか、パスワード保護を解除することはできない』ということですね。

ちょっと勘違いしそうですが、そういうことです^^

 

では、パスワード保護の解除手順です。

パスワード保護をする時と全く同じで、リボンのタブ『ファイル』を選択し、『ブックの保護』にある『パスワードを仕様して暗号化』を選択。

パスワード保護を解除する

 

ここで表示されるパスワードの画面で、パスワードを削除します。

パスワードを削除

このパスワードを削除することが、『パスワードを解除する』手順となります。

 

そうすると、パスワード保護をかける前の『誰でも読み/書きできる』画面に戻ります。

パスワード保護を解除できた

 

パスワード保護を解除する場合も、最後は必ず保存してください。

エクセルのブックにパスワードで保護をして読めなくする方法のまとめ

今回は、ブック(ファイル)を丸ごとパスワード保護する方法を紹介しました。

万が一、読まれたくない人にエクセルが渡っても、パスワードによってひとまず安心することはできます。

 

ただし、エクセルのパスワードは簡単に破ることができるようなので、パスワードによるセキュリティを考えるよりも、エクセルそのものが外部に漏れないようなシステムを利用することが望ましいです。

 

それか、ファイルとして持ち出せるエクセルを使わないようにするかですね^^