WordPressブログで必須のプラグインを入れる

ZZZ

こんにちは、勇次です!


パワーサイトの方はWordPressのブログ(テンプレートは賢威)なので、アフィリエイトで稼ぐためにはいくつかの必須プラグインを入れる必要がある。


僕がインストールしたプラグインを紹介する。


スポンサーリンク

Contact Form 7(簡単コンタクトフォーム)

超有名なプラグイン。


コンタクトフォーム(問い合わせフォーム)が簡単に作れるすぐれもの。


このプラグインをインストールしただけで、フォームの雛形はできあがっているので、問い合わせの固定ページを作れば、そのままフォームを指定するだけで、出来上がり。


ブログを開設する人は、読者からの問い合わせを受け付けるページ(フォーム)を作ることは必須となるので、このプラグインを使うことをおすすめする。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

最近のWordPressのバージョンでは最初からインストールされているプラグイン。


記事の下に、読者がコメントする欄があるが、外人さんとかがよくスパムコメントを送ってくるので、これを排除してくれる有名なプラグイン。


ただし、使うためにはAPIキーと呼ばれる固有のキーを入手する必要があり、WordPress.comに会員登録(無料)しないといけない面倒臭さがある。


でも、必ずいれるべきプラグインといえる。

PS Auto Sitemap(サイトマップ作成)

ブログの記事一覧(サイトマップ)を自動で作ってくれる便利なプラグイン。


これも読者の使い勝手(ユーザビリティ)を考えれば、必ず導入しておきたいプラグイン。


使えるまでの設定作業はそんなに難しくない。

brBrbr(改行自由入力支援)

記事を書く時に、文と文の間に改行を入れることがあると思う。


WordPressの仕様では、改行が複数連続で入力された場合は、改行1行にまとめられてしまう。


だから、行間を空けたいのに1行分しか空けられない。


行間を1行分しか空けない人には無用のプラグインだが、改行を複数行入力してある程度の行間を確保する人には便利なプラグイン。


賢威を適用している場合は、改行用のショートコードが用意されているが、改行のたびにいちいちショートコードを貼り付けるのが面倒くさい。


それに、プレビューするまでどの程度行間が空いているのかを確認できないのがイヤなので、僕はこのプラグインを使っている。


つまり、改行を入力した分だけ、改行してくれるというプラグイン。

Google XML Sitemaps(サイトマップ通知)

SEO対策をきちんとしたい人には、導入した方がいいプラグイン。


記事を更新するたびに、自動でGoogleへサイトマップのデータ(sitemaps.xml)を通知してくれる。


デフォルトの設定でも問題ないが、きちんとSEO対策したいのであれば、このプラグインの設定を変更する必要がある。

Auto Post Thumbnail(アイキャッチ画像自動設定)

WordPressでは、記事のイメージ付けに画像(アイキャチ画像)を関連づけすることができるが、記事を書く度にアイキャッチ画像を手動で設定するのは以外と面倒。


そういう人は、このプラグインで楽ができる。


記事の最初の画像がアイキャッチとして採用されるので、この点は注意。


また、既に投稿済の記事に対してアイキャッチ画像を設定したい場合も、このプラグインを導入するだけで自動でアイキャッチ画像が設定される。

SiteGuard WP Plugin(セキュリティ対策)

最近のWordPressに最初からインストールされているプラグイン。


例えば、管理者用ログインURLを任意のものに変更できたり、管理者用ログインでパスワード攻撃を受けた場合に、自動でロックできる機能がある。


管理者用ログインURLを何も考えずにデフォルトの状態のままにしている人が多い。


デフォルトの管理者用ログインはwp-login.phpで固定なので、ドメインさえわかれば管理者用ログインのページにアクセスできてアカウント攻撃される可能性がある。


これ以外にもセキュリティに関する機能があるので、このプラグインも導入していおきたいプラグイン。

WP External Link(記事内外部リンク対策)

外部リンクを記事内に貼り付ける場合、何も考えずに貼ると悪質なサイトの場合、SEO的にうまく利用される場合がある。


その他に、リンクを貼る場合の指定をあらかじめ設定することもできる。

WP Multibyte Patch(多言語処理不具合対策)

これもWordPressで標準でインストールされているプラグイン。

WordPressは日本語を含む多言語の処理に問題があるので、それを解決するプラグイン。


このプラグインはできればではなく導入必須のプラグイン。

No Self Pings(記事内内部リンクでいちいち承認させない)

WordPressの記事を作成してあとで修正した場合に、管理者である自分にいちいち記事の更新通知がメールで飛んでくる。


複数人でWordPressを運用している場合を除いて、普通は一人で管理しているので、この余計なメールは逆にうざくなってくる。


更新通知メールを飛ばさないようにするプラグインなので、これも導入が必須。

Wp-Insert(記事内に簡単に広告を追加)

記事の上、下などに、例えばGoogleAdsenseの広告を表示できるようにするプラグイン。


記事の中にいちいちGoogleAdsenseのコードを書かなくて済むので便利。


またメルマガで稼ぎたい人は、このプラグインを使うと全ての記事の下にメルマガ登録フォームが自動で表示されるので、メルマガの購読率をアップすることができる。

WordPressを使う場合は、ある程度のプラグイン導入は必須

WordPressは、最も使われているブログツールだと思う。


WordPressをインストールしただけで、すぐに記事を書くことはもちろん可能だが、素の状態でアフィリエイトを実践するのはかなり厳しい(作業効率が悪すぎる)


アフィリエイトに関しては機能不足のところが多いため、アフィリエイトで必須のプラグインを導入するのが慣例となっている。


ただ、プラグインを沢山インストールすると、同じような機能を実現するプラグイン同士で不整合が発生し、最悪ブログが使えない状態となる。


特に、表示が速くなるキャッシュ系のプラグインは要注意。


プラグインは最低限のものだけを導入するのがベスト。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする