物販アフィリエイトではペラサイトとパワーサイトのどっちがいいのか

物販アフィリエイトではペラサイトとパワーサイトのどっちがいいのか

こんにちは、勇次です!


物販アフィリエイトというのは、広告をクリックするだけで報酬が発生するトレンドアフィリエイトと異なり、読者に商品を紹介をして、商品の成約により報酬を得るビジネス。


僕はこの物販アフィリエイトで稼ごうと決心し、まずは、月3万稼ぐことを目標に、物販アフィリエイトを実践することにする。


物販アフィリエイト初心者で、稼ぐためのコツ、スキルもまったくない僕がいきなりどかんと稼ぐのは難しいので、目標を現実的な月3万に設定。


ちなみに、物販アフィリエイトの教材は購入済み。
(まだ教材は全部は目を通していないけど)



実践の前に、今回は物販アフィリエイトでどういう方法で稼ぐか?という、手法に関する話を書こうと思う。
スポンサーリンク

物販アフィリエイトにはペラサイトとパワーサイトの2種類ある

物販アフィリエイトには、ペラサイトを量産するタイプと、1つのサイトで大きく稼ぐタイプの2つがある。


量産タイプは、ペラサイトと呼ばれるペラペラ(ページが少なくて中身が薄いもの)のサイトを量産し、それらの小さいい稼ぎを沢山集めて稼ぐやりかた。


パワーサイトは、1つのサイトを長い時間をかけて地道に育てて、大きく稼ぐタイプ。

ペラサイト(量産タイプ)の特徴、メリット、デメリット

量産タイプは、あるサイトがGoogleの検索結果で圏外に飛ばされても、売上をカバーできるサイトが沢山あるのが特徴。


いわゆるリスクヘッジ(というらしい)の観点から、リスクを分散できるのがメリット。


例を出すと、月3万×10サイト=月30万の売上があった時に、その中の1つのサイトが売上0になったとしても、30万→27万になるだけなので、対して売上は落ちない。


1サイトが売上0になったら、また別なサイトを立ち上げればいいだけ。


というのが、量産タイプの稼ぎ方。



デメリットは100個単位の量産が当たり前で、作業量もかなり多いこと。(僕にはできない)


量産タイプで稼いでいる人の中には、1000個単位でサイトを持っている人もいるらしい。(ますます僕にはできない)


ドメインもかなりの数を保有することになるはず。


ただ、サイトの作り方に慣れたら、量産の作業もそんなに苦にならないらしいけど。


こういうペラサイトの量産にはSirius(シリウス)というサイト作成ツールが重宝される。

パワーサイトの特徴、メリット、デメリット

それにたいして、パワーサイトは、あくまでも1つのサイトだけで稼ぐことを目標とするのが特徴。


サイトの量産は一切しないので、量産タイプに較べてサイトを作る作業量は圧倒的に少ない。


1サイトに記事をどんどん投稿するので、キーワード選定などのSEO対策がうまくいけば、そのサイトでアクセスを集めるのは難しくないのかもしれない。(あくまでも、SEO対策がうまくいった場合の話)


なので、アクセスを集められるようになったらそのサイトだけで大きく稼げるようになる。



だけど、Googleから安定してアクセスが集められるようになるまで、記事を投稿し続ける必要があるという、別な意味でのつらさ(継続力)がある。



他のデメリットとしては量産タイプと逆で、サイトが圏外に飛ばされたらあっという間に売上0になるということ。


以上が、ペラサイトとパワーサイトの特徴、メリット、デメリット。


結局、どちらがいいということはなくて、実践する本人がやりやすい方を選べばいいだけだと思う。


僕は、サラリーマンしている関係で、副業の時間で量産タイプの膨大な作業をこなす自信はないので、パワーサイトを選択することにする。

パワーサイトも圏外のリスクがあるという意見はおかしい

量産タイプにも魅力はあるんだけど、Googleから圏外に飛ばされるリスクが常につきまとうため、圏外に飛ばされては次のサイトを作るという、延々と繰り返される作業になるだろうというのが、ちょっといや。


量産タイプで稼いでいるアフィリエイターで、パワーサイトこそ、圏外に飛ばされたら売上が0になるということを強調する人がいるけど、僕は反対意見。


パワーサイトでアクセスが集められるようになったということは、Googleから評価されているってことなので、圏外に飛ばされるという意味がわからない。


ペラサイトも、サイトによっては検索の上位表示ができているものが結構ある。


ただ上位表示されていても、そこは中身が薄いペラサイトなので、突然Googleから価値がないサイトという判定をくだされる可能性がかなり高い。


圏外に飛ばされるというリスクが常に伴う。


だからこそ、量産してリスク分散するんだろうけど。



パワーサイトの場合は、まがりなりにもコンテンツの内容(記事の数や質)がGoogleから評価された結果なので、ペラサイトみたいに圏外に飛ばされるリスクってほとんどないのでは。


NGなキーワードだと圏外行きもありえるという意見もあるみたいだけど、今更そんなサイトでNGキーワードなんか使いますか?って思う。(あるとしたら、薬事法に抵触するような文章の場合かな?)

ただ、Googleが決めることなので、NGと思っていないキーワードが実はNGキーワードだったなんてことはあるかもしれない。


それより、どちらかというと、ブログ丸ごと間違って消しちゃったとか、人為的ミスなんかの別な要因で売上0になる可能性は十分にある。


いずれにしろ、少なくともペラサイトと較べて、価値があると評価されているパワーサイトがいきなり圏外に飛ばされるというのは、よっぽど変な記事を投稿しない限りありえないんじゃないかと。



まぁ、1円も稼いでいない実績ゼロの人間が、どれだけ力説しても説得力はまったくないんだけど(笑)



ただ、将来アフィリエイトで生活することを目指すのであれば、パワーサイト1つというのはちょっと怖い面も。


このあたりの心配は実践の成果が出て、稼げるようになったら考えるということで。(そうなれますように)


今日を実践の開始の日として、1日も早くアフィリエイトで成功して、アフィリエイト一本で生活できるのが僕の夢。


目指せ月収100万!



今日はこれまで。


次からは、ASPや挑戦するジャンルなどについて書く予定。


PS:
ここまでパワーサイトと書いてるけど、正確にはブログ。

WordPressに賢威のテンプレートを使ってブログを作成するつもり。


それより、サイトとブログの使い分けが今ひとつわかっていない。

ペラサイトにはサイト、パワーサイトにはブログを使うやり方でいいのかな?


わかる人がいれば、教えてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする